最新ランキングをチェックしよう
ASKA容疑者 覚せい剤使用容疑で逮捕...事件から考える脳への影響と強い依存性

ASKA容疑者 覚せい剤使用容疑で逮捕...事件から考える脳への影響と強い依存性

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/11/29

2016年11月28日(月)歌手のASKA容疑者が覚醒剤を使用したとして逮捕されたことが明らかになりました。11月29日(火)現在、調べに対し容疑を否認しているということです。 ASKA容疑者の真偽のほどは分からないものの、警察庁によると50歳以上の覚せい剤使用による再犯率は80%を超えるとのことで、覚せい剤の依存性の高さをうかがえます。 今回は覚せい剤が脳に与える影響、疾患や症状、そして病院

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール
カップ麺の液体スープなぜ「後入れ」? 先に入れて実験したら...「なるほど!」
浜崎あゆみ、水着で美ボディ披露「美しい」「絵になる」と反響
関学監督、日大前監督の「関学のほうが汚い」に...過去記録公表し「どのプレー?」
関学QB父「嘆願書」フォーマットを公開 日大選手の減刑求める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加