ヤクルト“天敵”今永対策も不発...47年ぶり借金31

ヤクルト“天敵”今永対策も不発...47年ぶり借金31

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇セ・リーグ ヤクルト1―6DeNA(2017年8月10日 神宮)

No image

8回、守備の乱れからDeNAに勝ち越されたヤクルト・真中監督

ヤクルトはまたも今永を打ち崩せなかった。7回まで4安打で1点しか奪えず、今季4度目の対戦で3勝目を許した。左投手対策として6番に西浦を入れたが、2、4回と得点圏に走者を置いた場面で凡退するなど今永の前に3打数無安打に終わった。

杉村打撃コーチは「今永は変化球の精度が良かった。同じ投手に何度もやられているようでは…」と振り返った。借金は70年以来、47年ぶりの31まで膨れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
巨人V10阻止、赤ヘル軍団「生みの親」...球史に名を残した歴代外国人監督
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加