ホークス5位の秀岳館・田浦、世界が驚いた“宝刀”で勝負「通用するか楽しみ」

ホークス5位の秀岳館・田浦、世界が驚いた“宝刀”で勝負「通用するか楽しみ」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/12/07
No image

ホークスの新入団会見に臨んだ田浦文丸【写真:藤浦一都】

福岡出身の左腕「信頼される投手に」、夢は「九鬼先輩とのバッテリーで日本一」

ソフトバンクのドラフト5巡目・田浦文丸は、地元・福岡の大野城市出身。「小さい頃から見ていた球団」に入団し、新入団選手発表記者会見では「信頼される投手になりたい」と何度も口にした。

熊本の秀岳館高校時代は4季連続で甲子園を経験。清宮(日本ハム)らとともにU-18ワールドカップのメンバーに選ばれ、同大会のベストナイン(救援投手部門)にも輝いた。そこで世界の打者を翻弄したのが得意のチェンジアップだ。田浦は「一番自信がある球種ですし、プロの打者を相手にどこまで通用するのか楽しみです」と目を輝かせる。

その一方で「走るのが苦手なので、そこは不安です。キャンプでもたっぷり走ると聞いているので」と正直に語る。それでも「身体は大きくないですけど、気持ちでは負けたくない」という負けん気の強さがあれば乗り切っていけるだろう。

ソフトバンクには秀岳館高校時代にもバッテリーを組んだ先輩捕手・九鬼隆平がいる。田浦は「いずれは九鬼先輩とバッテリーを組んでチームの日本一に貢献したい」と夢を語った。また、地元の球団でプレーすることに喜びを隠せない田浦は「いつかは熊本の試合でも投げたいです」と、高校時代を過ごした第二の故郷への凱旋も目指していく。

世界が驚いたチェンジアップを武器に、チームからもファンからも「信頼される投手」となる日は、そう遠くはないだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」
ソフトB東浜 ここで差をつける 年末までハワイ居残り
オリックス・ドラ2登録名は「K-鈴木」 目標は奪三振王!
大谷獲得のエンゼルスが「勝ち組1位」!米名物記者が格付け発表
ロサリオいざ日本へ WL打ち上げツイッターで充実ぶり報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加