ロシア国防省「米国のIS支援の証拠」と画像を投稿 「ゲームの画面」とネットユーザーが指摘

ロシア国防省「米国のIS支援の証拠」と画像を投稿 「ゲームの画面」とネットユーザーが指摘

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/11/15
No image

ロシア国防省が「米国が過激派組織ISを支援している証拠」としてSNSに投稿した画像が、ゲーム画面のものであると指摘を受けています。投稿はその後削除されました。

画像は上空から戦場らしき場所を写したもので「ISの護衛隊がアブカマルを出発するところ」などの説明付きでTwitterやFacebookに投稿され、米国のIS支援の「動かぬ証拠」と称されていました。しかし、画像の1つが「AC-130 Gunship Simulator」というゲームの画面であるとネットユーザーから指摘が寄せられます。

数日前には同じゲームの画像をTwitterユーザーが「ISの護衛隊をドローンで撮影した」として投稿。このときも実はゲーム画面だと他のユーザーが指摘していました。

またロシア国防省が投稿した他の画像についても、2016年にイラク空軍がISを空爆したときのものではないかと指摘されています。これらの指摘を受けてかは不明ですが、同省は投稿を削除しています。

2016年5月にはロシア大使館が、「アレッポ近くで過激派が化学兵器を受け取った」として、ゲーム「Command and Conquer」の画面をツイートしたことがありました。このときには「画像は図解のため」という説明が添えられており、イメージとしてゲーム画面を使っていました。今回ももしかしたら……という可能性もありますが、投稿が消されたということはミスだったようです。

15日追記

同省はその後、別の画像とともに同様のメッセージをツイート。最初のツイートはスタッフのミスであったと同省がコメントしたと報じられています

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日本人なら当たり前のアレ! 中国人に超ビックリ仰天された話 / 中国人「日本の中学生すごすぎ!」「要求高すぎでしょ!?」
路上にうずくまり瀕死状態のところを保護された子猫。飼い主さんの愛情で、見違えるほど美しく育つ♡
貴乃花親方のファッシッョンに芸能記者も動揺
柱に刻まれた「魚のマーク」、よくよく見ると...
営業スマイルを勘違いする男性客にイライラ...... 『接客業やってて一番クソだった客の話』マンガの衝撃の後日談に反応多数
  • このエントリーをはてなブックマークに追加