マンU時代のチチャリート不遇の理由 モイーズ告白「ファン・ペルシーやルーニー、香川がいた」

マンU時代のチチャリート不遇の理由 モイーズ告白「ファン・ペルシーやルーニー、香川がいた」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/13
No image

ウェストハム監督就任により再会 「最高のゴールスコアラー」

スコットランド人監督のデイビッド・モイーズ氏は、成績不振によりスラベン・ビリッチ監督を解任したウェストハムの新監督に就任した。マンチェスター・ユナイテッド時代にレギュラーで起用しなかったメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスと再会を果たすが、指揮官は日本代表MF香川真司の名前も挙げて、当時はライバルが多かったと振り返っている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

「彼(チチャリート)はいかなる特別扱いも受けない」

モイーズ監督は、ウェストハムでチーム最多の4得点を決めているチチャリートも特別視しないと断言。「彼がゴールを決め、ハードワークを続ければメンバーに入る。他の選手と同じだ」と選手選考に明確な基準を設けている。

しかし、チチャリートは10日に行われたベルギーとの国際親善試合でハムストリングスを負傷。モイーズ監督の初陣となるワトフォード戦出場にも不安が残っている。モイーズはメキシコ人ストライカーを「最高のゴールスコアラー。優秀なフィニッシャー」と絶賛するが、新監督へのアピールで出遅れる可能性もありそうだ。

「多くのライバルがいたんだ」

この二人は、モイーズ監督がユナイテッドを率いた2013-14シーズン当時、決して相性の良い関係ではなかった。サー・アレックス・ファーガソン元監督の下では、ここぞという場面の切り札として重宝されたチチャリートだが、モイーズ体制となった同シーズン、先発出場わずか5回。前年に10得点だった得点もわずか「4」へと激減した。

モイーズ監督は当時のことを次のように振り返っている。

「彼はユナイテッドで難しい時を過ごした。なぜなら私にはロビン・ファン・ペルシーやウェイン・ルーニー、ダニー・ウェルベック、シンジ・カガワがいた。多くのライバルがいたんだ」

日本代表の香川やルーニー、ファン・ペルシーといった豪華なタレントが揃う前線に、チチャリートの居場所を見つけるのは難しかったという。

再びモイーズ監督の下で戦うチチャリートは、ユナイテッド時代の苦い記憶を消し去り、指揮官と師弟関係を築くことができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユベントス、遅すぎた目覚め。伏兵に敗れて今季2敗目。首位ナポリと勝ち点4差に
浦和を救った守護神・西川周作に各国メディアなど賛辞。「英雄的パフォーマンス」
香川真司、ブンデスMF部門で堂々7位 人気ゲーム「FIFA18」の能力値で高評価
驚異の早期復帰で“イブラ節”も健在。「ライオンの回復力は人間とは違う」
伊藤達哉、無念の前半途中交代...。酒井高徳は69分まで。HSV、好調シャルケに敗戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加