髪を抜いた場所はもう生えてこないの?

髪を抜いた場所はもう生えてこないの?

  • 頭美人
  • 更新日:2017/12/06
No image

髪を抜いた場所はもう生えてこないの?

髪が抜けた場所からは、再び髪は生えてくるのでしょうか?

また、生えなくなる場合には、どのような理由があるのでしょうか。

今回は、「髪を抜いた場所はもう生えてこないの?」という疑問に答えます。

薄毛の原因の多くは、抜け毛にあります。

抜け毛には、ヘアサイクルによって抜けるものと、引っ張られることによって抜けるものがあります。

髪が引っ張られるなど外部からの衝撃による抜け毛は、抜いた場所から再び髪は生えてきます。
そのため、髪を抜いた場所はもう生えてこないということはありません。

髪を抜いても、同じ場所から再び髪が生えてくるのは、髪が毛母細胞によって作られていることが理由です。

髪は毛穴の中の毛母細胞によって生成されています。
そのため、髪が抜けても、毛母細胞が活動している限り、髪は再び生えてきます。

髪を抜くことによるダメージ

髪が抜けた場所から再び生えてくるとしても、髪を抜くことはダメージになります。
なぜなら、ダメージが大きい場合、毛母細胞も髪と一緒に抜けてしまう場合があるからです。

抜け毛の際に強い刺激が加わった時、毛穴から出血したという経験がある方もいらっしゃると思います。
このような、抜け毛のときに出血するくらいの強い刺激が加わった場合、毛母細胞も一緒に破壊されている危険性があります。

毛母細胞が破壊され活動しなくなると、髪は作られなくなります。
ですので、その場所からは髪が生えてこなくなるのです。

また、抜け毛のときの傷が原因で毛穴がふさがってしまう可能性もあります。

毛穴がふさがると、そこから髪が生えてこなくなります。
そのため、傷によって毛穴がふさがった場合も再び髪は生えてきません。

このように、軽度の刺激による抜け毛の場合は、再び同じ場所から髪は生えてきますが、重度の刺激の場合は生えてこなくなる可能性があります。

まとめ

通常の抜け毛の場合は、再び同じ場所から髪が生えてきます。

しかし、抜け毛の際に、毛母細胞が破壊された場合や傷によって毛穴が塞がれた場合は、髪が再び生えてこなくなる可能性もあります。

ですので、外部の刺激による抜け毛は、できるだけ予防したほうが良いですね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京のベンチが「意地悪過ぎる」座ることも許されない!と話題に!実は...
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
あなたは何タイプ? お酒の強さがDNAレベルでわかる
ヘビの毒を25年にわたって注射してきたパンクロッカーの体から35種以上の毒への抗体が取り出される
「ナイロン袋ください」と言われても... 西日本なら「OK!」、関東では「なに?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加