「オール爆裂台」で客集め 違法スロット店摘発

「オール爆裂台」で客集め 違法スロット店摘発

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/13
No image

動画を見る(元記事へ)

店の扉を二重にするなど摘発を警戒していました。「爆裂台」と呼ばれるギャンブル性の高いスロット台で客相手に賭博をしていたとして男を逮捕です。

パチスロ賭博店「8cafe」の経営者・松尾剛輔容疑者(35)ら男女6人は今月、東京・上野の店にスロット29台を設置し、客相手に賭博をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、店のスロット台はすべて爆裂台と呼ばれるギャンブル性が高いもので、店は去年12月からの2カ月間で約3500万円を売り上げていました。店では扉を二重にするなど、摘発を警戒した対策もしていたということです。松尾容疑者ら5人は「パチスロが好きでいつか店をやってみたかった」などと容疑を認め、男1人が否認しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
京王井の頭線、下北沢工事で区間運休! →予定より早い運転再開に「スゴい!」
流浪の洋館、安住の地は 熊本県重文ジェーンズ邸 4度目移築前、地震で倒壊
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加