【北ミサイル】臨時国会初日に非難決議採択へ 与党幹事長が会談

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/09/15

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は15日午前、北朝鮮が日本上空を通過する弾道ミサイルを再び発射した情勢を受けて国会内で緊急会談し、今月下旬に召集される臨時国会の初日の衆院本会議で、北朝鮮を非難する決議を採択する方針を決めた。15日午後、野党各党の幹事長と会談し、申し入れる。参院も召集日の本会議で決議を行う方向で調整している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衆院解散】民進「二枚舌」の共闘 3氏除名
豊田真由子議員、ついに会見し議員継続へ意欲 ネット「言い訳会見」「やらない方が正解だった」
来月総選挙が現実味!解散は本当に総理の専権事項?
安倍首相、北朝鮮の脅威増長のなか衆院選強行の「暴挙」の事情
アントニオ猪木の訪朝目的は「生前葬」の宣伝!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加