辻希美 不倫ドラマの脚本を執筆

辻希美 不倫ドラマの脚本を執筆

  • リアルライブ
  • 更新日:2017/12/07
No image

提供:リアルライブ

12月5日に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に辻希美が出演。現在、結婚生活10年目で3人の子どもがいる辻だが、「子どもに叱っている姿を見せちゃったから、(夫の杉浦太陽に)弱い自分を見せれない」「“女の子”じゃなくて“母”になっていっちゃって…」と、“母”としてではなく“女の子”でいたいという願望を語る。そこで番組は、その願望を具現化するため、辻本人が脚本を書いた“妄想ドラマ”を作成した。

辻は「ちゃんとしたらカッコいい人が好き」らしく、上下スウェットで髪の毛ボサボサな男性がタイプらしい。そんな男性が犬を散歩している時に、たまたま犬の散歩をしていた辻がバッタリ出会う。すると、犬同士がじゃれ合い、そこから会話が生まれ、定期的に会話をする間柄になりたいようだ。

その後、主婦業に疲れ果てた辻は、ストレスが爆発し家を飛び出す。すると、辻の異変を察し、近所で辻を探していたその男性と奇跡的に遭遇。「何かあったらいつでも連絡しておいで」と電話番号の書いたメモをポケットに入れられる。

そして、ある日の帰宅後、ビール缶やおつまみで散らかったテーブルを見た辻は、夫への不満がピークに達し泣き崩れてしまう。ポケットからハンカチをとり出そうとすると、電話番号の書かれたメモが出てくる。しかし、そのメモはクシャクシャで最後の一桁が「0」か「8」か読めなくなっており、「これで一発でつながれば運命だな!」と、「0」か「8」の運命の2択を乗り越え、その男性に会い行く。これが辻の妄想ドラマだ。

2016年に、いい夫婦に送られる賞「パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたことがあるほど、おしどり夫婦として有名な辻・杉浦夫婦。日ごろの不満もあるのかもしれないが、お互いを信頼しているからこそ、こういった妄想ドラマの脚本を堂々と書けたのかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
外国人「日本の1円硬貨には世界で唯一の特徴があるらしい...試したらホントだった!」
【検証】ユニクロの防風暖パン『ブロックテックスリムフィットチノ』だけで真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
ローラの人間離れした究極ボディが凄い!あの新CMが解禁!
LINE“送信取消”は全然ダメ!誤爆を防ぐにはむしろこの設定
借金、宗教、不倫...妻たちが告白「墓場まで持っていく秘密」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加