「最強のチーム」規則違反...Jリーグが湘南ベルマーレに600万円の罰金制裁

「最強のチーム」規則違反...Jリーグが湘南ベルマーレに600万円の罰金制裁

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/06/12
No image

42条違反により制裁金を科された湘南。ただし若手育成の方針を遵守する姿勢に情状酌量が成された。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

Jリーグは6月12日、湘南ベルマーレにJリーグ規約第42条違反による、けん責と制裁金600万円を科すことを発表した。

同規約は、「Jクラブは、その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合に臨まなければならない。なお、第40条第1項第1号から第4号に定める公式試合における当該チームの詳細に関しては、『Jリーグ規約第42条の補足基準』に定めるものとする」。

この補足基準のうちのひとつが「J1リーグ戦およびリーグカップ戦における先発メンバー11人は、プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まなければならない。ただし、アマチュア選手、プロB契 約選手およびプロC契約選手は、当該外国籍選手に含まない」というもの。

湘南は4月18日のルヴァンァップ4節・鳥栖戦にて、スタメンにプロA契約選手を4名しか含めておらず、Jリーグ規定42条「最強チームによる試合参加」の補足基準を満たしていなかった。

若手の有効な出場機会でもあるルヴァンカップでは、昨季からは21歳以下を1名以上先発させるレギュレーションを新設され、今季も継続されている。その状況下で、湘南は積極的に若手を育成すべく、該当試合で21歳以下の3名を先発(3名を控え)した結果、前述の基準違反に至った。

Jリーグは上記の理由により、過去の違反事例に倣えば1000万円相当のところ、若手育成の方針を遵守するクラブには、酌量の事情があるとして本件では600万円が科された。

一方で湘南は、公式HPにて水谷尚人代表取締役社長の謝罪文と株式会社湘南ベルマーレ内での処分内容を掲載。

水谷代表取締役社長は以下のようにコメントを発表。
「この度は、ヤマザキビスケット株式会社様はじめ、サポーターの皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。Jリーグの若い選手をもっと育てていくという意向に深く、強く共感している中、一方で守らねばならない規約の理解、確認において至らぬ点があり、間違いを犯してしまいました。今後同じ間違いを起こさぬようにクラブ一同、襟を正して日々の仕事に取り組みます。今後ともご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします」

社内における処分内容は以下のとおり。
◆代表取締役会長 眞壁潔
下記、代表取締役社長水谷尚人と同額を一般社団法人Ring Smileに寄付
◆代表取締役社長 水谷尚人
減給(月給5% 1ヶ月)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国、痛恨の黒星発進 VARでスウェーデンにPK献上、神童イ・スンウデビューも実らず
スウェーデンVAR弾韓国撃破 60年ぶり初戦白星
【スウェーデン1-0韓国|W杯選手採点&寸評】PKを沈めたスウェーデンのDFリーダーがMOMに。韓国はVARにプランを崩される
【競輪】児玉碧衣がガールズケイリン総選挙連覇 男子投票は新田祐大が1位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加