Google Mapsでビデオを投稿できる、個人だけでなく地元のお店にとっても大チャンス

Google Mapsでビデオを投稿できる、個人だけでなく地元のお店にとっても大チャンス

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/09/15
No image

Google MapsのGoogle Street Viewや衛星画像がリアルタイムになるのは遠い先の話だろうけど、でもGoogleはまさに今、初めて、Mapsの素材としてビデオを持ち込んだ。GoogleのLocal Guidesに参加しているユーザーはGoogle Mapsのアプリから10秒のビデオを撮れる。あるいは自分のカメラロールから、30秒のクリップをアップロードできる。

GoogleがこれをLocal Gudesの機能としてひそかにローンチしたのは二週間前だけど、今ではメールで通知しているし、近い将来Mapsの一般的な機能になるだろう。

これまでGoogle Mapsにアップロードできるのは静止画像だけだったが、レストランやお店や観光名所などの雰囲気はビデオの方がよくわかる。また、ユーザーが書くレビューに、ビデオをつけてもよい(ただし、言葉と同じくビデオにもレビューのポリシーは適用される)。お店などが、ビデオを利用してメニューや商品などを紹介してもよい。

Google Mapsでビデオを撮影またはアップロードするには、Mapsの検索機能でその場所へ行く。今のところAndroidのGoogle Mapsアプリだけだが、下へスクロールして“add a photo”をタップ、“Camera”アイコンをタップしてシャッターを押し撮影する。すでにある短いビデオをアップロードしてもよい。

この機能が使えるのは目下、AndroidのLocal Guidesからのみだが、Googleは今、地元のお店などでもテストしている。ビデオは近い将来、すべてのプラットホームのGoogle Maps上で使えるようになるだろう。

最初はマイナーなアップデートだと思ったけど、でもお店のオーナーなどにとっては重要な変化だ。自分でスナップを撮るのは簡単だが、やがて彼らは、プロに撮ってもらった自分のお店のビデオをアップロードするようになるかもしれない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Googleお役立ちテクニック - Inbox by Googleを使う
WeChat、ユーザー情報の中国当局への引渡しを認める
パナソニックが左右360度、上下約90度を見渡せる屋内スイングカメラを発売
サンワサプライからA4用紙を同時に12枚まで細断できる電動シュレッダーが登場
アジア最大の科学・分析機器の展示会「JASIS 2017(第6回)」レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加