【横浜】中澤佑二がレフェリングについて持論を展開「イライラするってことは...」

【横浜】中澤佑二がレフェリングについて持論を展開「イライラするってことは...」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

レフェリングについて持論を展開した中澤。「勝つことで不満は消せる」とコメント。(C)SOCCER DIGEST

[J1リーグ26節]横浜1-1柏/9月16日(土)/日産スタジアム

「ん?」と首を傾げたくなるジャッジは少なくなかった。

とりわけ気になったのが、プレーオンの判断の悪さだ。そのままプレーを流せば、ファウルを受けた側は有利な状況になりそうな場面でも、きっちりと反則を取る――センスがないな、と正直思った。

主審とふたりの副審がピッチを去る際、ブーイングが鳴り響いたことを考えれば、選手側から見てもフラストレーションを感じさせる“裁き”だったのではないだろうか。

この日のレフェリングについて中澤佑二に聞けば、次のように答えた。

「どっちつかずの判定と感じられるものは、おそらくどのチームにも毎試合あるはず。それに対してイライラするっていうのは、勝ててないということだと思う。

しっかりと勝つことで、レフェリングに対する不満は消せる。レフェリングありきではなくて、自分たちのプレーの質をまず先に考えることが大事。レフェリーも人。一生懸命に笛を吹いていますから」

経験者らしい見解で、まずは自分たちのプレーを向上させ、勝利を目指す姿勢の重要性を訴えた。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜 1-1 柏PHOTO】上位対決は齋藤、クリスティアーノのスーパーゴールで決着付かずのドローに終わる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
U16女子日本代表、王者北朝鮮に大逆転勝利! 無傷の3連勝で準決勝・韓国戦へ
本番2年前から課した独自メニュー/岡田武史論・中
岡崎慎司、連続スタメン落ち。バーディーの相棒に選ばれるためには...
U-19全日本大学選抜WEST、阪南大MF山口拓真や東海学園大FW児玉駿斗ら
福田正博の実感は「ハリルにスタイルなし、結果を求めるリアリスト」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加