最新ランキングをチェックしよう
米映画サイト選出「最も悲しい21世紀の映画20本」に「かぐや姫の物語」

米映画サイト選出「最も悲しい21世紀の映画20本」に「かぐや姫の物語」

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14

米映画サイトIndieWireが「最も悲しい21世紀の映画20本」を発表。高畑勲監督の「かぐや姫の物語」(2013)が選出された。
 同サイトでは「目利きのシネフィルたちはときに良質な涙を求めている」と述べ、涙なくしては見られない20本をセレクト。「アイラ・サックスや高畑勲、アスガー・ファルハディといった当代随一のフィルムメーカーたちの代表作」から、ハリウッドの大ヒット作まで、「胸が痛むような人生

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヒュー・ジャックマン来日決定!力強い歌声でGG賞輝くキアラ・セトルと一緒に!
【何があった?】『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』の監督&出演俳優が「ハハハハハ」とツイート / 面白いことがあったのかと思ったら...
東山紀之、関ジャニ∞丸山隆平主演舞台「泥棒役者」出演決定<初共演コメント>
これはひどい。仕事を選ばない男、ニコラス・ケイジがもっと仕事を選ばなかったらこうなってしまう写真集
ヒュー・ジャックマンら「グレイテスト・ショーマン」引っさげ2月に来日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加