最新ランキングをチェックしよう
米映画サイト選出「最も悲しい21世紀の映画20本」に「かぐや姫の物語」

米映画サイト選出「最も悲しい21世紀の映画20本」に「かぐや姫の物語」

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14

米映画サイトIndieWireが「最も悲しい21世紀の映画20本」を発表。高畑勲監督の「かぐや姫の物語」(2013)が選出された。
 同サイトでは「目利きのシネフィルたちはときに良質な涙を求めている」と述べ、涙なくしては見られない20本をセレクト。「アイラ・サックスや高畑勲、アスガー・ファルハディといった当代随一のフィルムメーカーたちの代表作」から、ハリウッドの大ヒット作まで、「胸が痛むような人生

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ローラ「過激な水着ボディ」写真を披露してセクシー強化の意図
猫を飼ったヒカキンに猫好きが落胆 「保護猫を飼って」「影響力あるのに残念」
列車と接触した中3男子が死亡 「自己責任」厳しい声が相次ぐ理由
規格外の速さでぶっ飛ばしていくパトカーが話題に!しかし赤色灯を付けていなかったので「偽物」「違反」など賛否両論に
「アイスコーヒーの持ち運び問題」を華麗に解決するデザイン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加