あのシーンはどこで撮影? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』メイキング映像

あのシーンはどこで撮影? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』メイキング映像

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2018/01/18
No image

公開中の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のメイキング映像が公開になった。本シリーズではこれまでも世界の様々な場所で撮影が行われてきたが、本作でも観客を“遠い昔、はるか彼方の銀河系”を連れていくべく、撮影隊が世界中を駆け巡った。

『…最後のジェダイ』は、銀河を力で支配しようとするファースト・オーダーに立ち向かうレイ、フィン、ポーたちのドラマを中心に、闇の力を手中に収めようとするも心が揺れ動くカイロ・レンや、人々の前から姿を消して孤島で暮らすルーク・スカイウォーカーのドラマが描かれる。

『スター・ウォーズ』サーガは遠い昔、はるか彼方の銀河系が舞台の作品で、地球の文化や自然に似てはいるが、地球とは異なる自然やデザイン、文字、記号があふれた世界を描いており、1977年製作の最初の『スター・ウォーズ』の撮影時からスタッフはチュニジアやメキシコなどでロケ撮影を行い、理想のビジュアルを模索してきた。8番目のエピソードにあたる『…最後のジェダイ』でも撮影隊は世界を駆け巡ったようで、このほど公開になったメイキング映像では、ライアン・ジョンソン監督のインタビューを挟みながら、スタッフとキャストが様々な場所でロケ撮影をする模様が収録されている。

豪華なカジノがある惑星カント・バイトはクロアチアで、ルークが身を隠す孤島はアイルランドで、大規模な戦闘が展開される惑星はボリビアのウユニ塩湖で撮影され、デジタル技術で様々な処理が行われ“スター・ウォーズの世界”が出現する。また映像には、英国のパインウッド・スタジオに組まれた巨大なセットも登場。ファン必見の内容になっている。

ジョンソン監督のビジョンや、デザイナーたちのアイデアをまとめ、巨大なセット、照明、IMAXカメラを含む撮影機材を考慮に入れながら、本作の“視覚”の部分を取り仕切ったプロダクション・デザイナーは、リック・ハインリクス。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『キャプテン・アメリカ』のような大規模な作品を数多く手がけ、『フランケン・ウィニー』『ビッグ・アイズ』などでティム・バートン監督ともタッグを組んできた人物で、彼もメイキング映像に登場し、撮影を振り返っている。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ドッキリかと思った」山田孝之の“33歳の高校生”役は違和感ナシ!?
何ちゅう発想! 鉛筆の音だけで『スター・ウォーズ』のテーマ曲を奏でる動画が天才すぎる
松方弘樹のアウトロー映画遺産!WOWOWで「沖縄やくざ戦争」など5本放送
「咲-Saki-」初日迎えキャスト陣が感慨、中山莉子「作品から学んでいきたい」
禁断のラブシーン!本編映像公開!『ルイの9番目の人生』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加