しまった、ザリガニ食べちゃった!...「2018 ぶさにゃんカレンダー」、10月1日販売開始

しまった、ザリガニ食べちゃった!...「2018 ぶさにゃんカレンダー」、10月1日販売開始

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/09/12
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

ネコ写真家の沖昌之さんが撮影したネコたちが「2018 ぶさにゃんカレンダー」になりました。おなじみ「ぶさにゃん」のほか、沖さんによる最新写真集のテーマでもある「必死すぎるネコ」たちと12か月一緒に過ごせます。

カレンダーに登場するのは、下町で生きる野良ネコ・地域ネコやお出かけ中の家ネコといった“お外ネコ”。沖さんの写真は写真集『ぶさにゃん』出版後から徐々にテーマ性を深めていますが、今回のカレンダーでは毎日眺めていても飽きない、明るくて、ときにくすっと笑える写真が集められています。

「必死すぎるネコ」と出会えるのは8月。ザリガニを咥えているネコです。このネコさん、最初はザリガニにちょっかいを出して遊んでいたのだそう。でもそのうちに気持ちが高まり、必死になってしまい、気が付くと口にくわえていたのだとか。ネコってそういうところ、ありますね。

想像力が刺激されてしまうネコ写真も健在。例えば2月の物陰からこっちをそっと見る、“のぞきネコ”です。奇しくもこの月は2月。2月と言えばバレンタイン。ひょっとしてチョコが欲しいのかな?とか、想像を巡らせてしまいます。もちろん、ネコにチョコをあげてはだめですが。

12月は師走。先生も走りますが、ネコも走ります。「2018 ぶさにゃんカレンダー」の12月のネコも、忙しい先生気分で飛ぶように走り、2018年を締めくくります。

サイズは255×255ミリと、昨年同様、ちょっとだけ大きめのサイズ。予定を書き込みやすく、ぶさにゃんたちも大きめ写真で楽しめます。祝日には“ねこかんむり”が付けられてます。

価格は1,080円。ネコを飼えないアパートやマンションに住んでいる人へのプレゼントにいかがでしょうか?

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【動画】ネコを使ってネズミを捕ろうとしたら予想外なカオス展開に / ネット上では「涙が出るほど笑った」などの声
飼い主さんの手作りアイテムに囲まれて暮らす2匹の猫たち。幸せいっぱいな日常にホッコリ♡(11枚)
ラグドールのティモ、門の向こう側にいるあの子に恋をする。前編。
最近心がお疲れ気味な人へ。猫が守る扇町駅へ小旅行はいかが?
どうしてもパパに撫でてほしい! 柴犬の止まらない『おねだり攻撃に』... やられたーッ(* ́Д`)♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加