めざせ3000基制覇!灯台女子に聞く灯台の魅力

めざせ3000基制覇!灯台女子に聞く灯台の魅力

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/13

日本だけでも3000基以上あるという灯台。これら灯台を観光スポット的にめぐるのを趣味とする女性、いわゆる「灯台女子」が増えている。

かなりの旅好きでも、灯台を訪れたいと考える人は少ないが、「灯台女子」は海岸にぽつんと立つ灯台を最終目的地として旅行する。灯台のなにが、それほど魅力があるのだろうか? 「灯台女子」の第一人者で、フリーペーパー「灯台どうだい?」編集発行人である不動まゆうさんにきいてみた。

Q:灯台めぐりの面白さはなんでしょう?

不動:灯台ってどれも同じだと思われているのですが、実はそれぞれに個性があります。明治期に建てられた灯台は頑強な石造だったり、その土地で焼かれたレンガ造だったり、リベットがカッコいい鉄造だったり。色も白いイメージが強いですが、雪の多い北海道・東北は、黒や赤の縞模様になっていることがありますし、御影石の風合いを生かして無塗装の灯台もあります。

こうした各地の灯台を風景として眺め、写真に収めるのも楽しいですし、もう少し踏み込んで灯台の背負う歴史について調べてみるのも醍醐味のひとつです。

灯台は安全な航海を支える航路標識であると共に、日本の近代化を支えた文化的建造物と言えます。灯台を訪れた際、灯台の扉の上に掲げられている初点プレートを確認できるかもしれません。そこには、灯台がいつからこの土地で光を放っていたのかが刻印されています。まただれが設計したのか、なぜこの姿になったのかと調べていくと、面白い発見があると思います。

さらに灯台は時間によっても表情が全然違います。「青空と灯台と海」という情景も素敵ですが、夕日に染まる灯台はキュンとするほど優しげで、夜になって閃光を遠くに放つ姿はダイナミックです。

私は特に、灯台の光を遠くに届かせる役目をもつ美しいレンズに心を奪われています。レンズを備えた灯台は現在数を減らしていますが、ぜひ光り輝く宝石のようなレンズを鑑賞していただきたいです。

灯台はアクセスがいい場所ばかりではないのですが、だからこそ灯台を目指して出会えた時の喜びはひとしおで、旅に達成感が生まれます!

Q:これから灯台めぐりを始める人へのアドバイスは?

不動:まずは「参観灯台」に行くことをお勧めします。内部に入って登ったり、資料館などを見学することができたりするので、灯台の魅力を十分に味わうことができます。アクセスもいい場所が多く、お子さんも一緒にご家族で楽しんでいただけると思います!
また、海上保安部さんで灯台の一般公開を行うことがあります。灯台について説明をしてくださったり、楽しいイベントも一緒に企画してくださったりします。地域によるのですが、灯台カードを発行してくれるところもありますよ!

さらにマニアックに灯台めぐりをするのであれば、一番大切なのは下調べです。小さな灯台は地図に載っていないこともあるので、あらかじめ緯度・経度を調べて地図に書き込んでおくことをお勧めします。

また夏場は藪が生い茂って道がふさがれていることもあります。クマ、イノシシ、蛇など出会いたくない動物も多いので、春・秋のほうが訪れやすいかもしれません。歩きやすい靴に、長袖長ズボンといった肌をださない服装がいいと思います。灯台は海岸にあると思われがちですが、実際は海を見下ろす崖や山の上のことが多いです。トレッキングの備えがあれば大丈夫です。

もし点灯した灯台を眺めたいのであれば、懐中電灯をお忘れなく。でも暗い山道は本当に怖いので、ぜったい一人では行かず、十分な準備をして安全第一で。まずは、近くまで車でいける灯台を楽しんだ方が、いいかもしれません!

Q:灯台めぐり初心者におすすめの灯台を幾つか教えてください。

不動:以下に、ビギナーの方に特におすすめの灯台をリストアップしました。ほかにも、石狩灯台(北海道)、御前埼灯台(静岡県)、野間埼灯台(愛知県)、大浜埼灯台(広島県)など、まだまだ日本全国に素敵な灯台はたくさんあります! ぜひ自分の'推し灯台'を探してください!

No image

鮫角灯台(青森県)

No image

入道埼灯台(秋田県)

No image

犬吠埼灯台(千葉県)

No image

剱埼灯台(神奈川県)

No image

角島灯台(山口県)

No image

残波岬灯台(沖縄県)

No image

不動さんがおすすめする灯台の全国版マップ

Q:灯台めぐり以外の灯台の楽しみ方を教えてください。

不動:私は灯台グッズもたくさん集めています。灯台Tシャツや、灯台がデザインされたアクセサリー、灯台の切手や、灯台レコード、灯台関連の古書、世界中の灯台写真集など。

私の部屋は灯台カーテンがかかり、灯台モビールが釣り下がり、灯台のポスターが張られていて部屋中灯台だらけ。こうした好きな物に囲まれて過ごす時間は嬉しくて、自然とニヤニヤしています。

時間があるときには、国立国会図書館に出向き、灯台という検索キーワードで片っ端から論文などを読んでいます。こうした『好きなモノ』に関する知識や情報を吸収していく時間が、私は一番満たされています。

また、灯台の柄の風景印(各地の消印)も集めているので、灯台マニア同士で、行った先々で灯台風景印を押した手紙やはがきのやり取りをしています。

私は、国内だけではなく、海外の灯台にも行きます。灯台にはお国柄が現れるので、海外に行った際は、灯台に足をのばしてほしいと思います。海外の灯台の面白さに加え、日本の灯台の魅力も再認識できると思います!

No image

不動まゆうプロフィール
1977年、東京生まれ。フリーペーパー「灯台どうだい?」編集発行人。灯台愛好会ライトハウスラバーズに所属し、毎年「灯台フォーラム」を企画・開催する。公益社団法人燈光会一般会員。著書に『灯台に恋したらどうだい?』(洋泉社)、『灯台はそそる』(光文社)がある。

公式サイト:灯台どうだい?

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
8万円以上する「水沢ダウン」買ってよかった
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
小室哲哉会見の100分全記録「5年前から男性的能力なく、男女関係ない」「会話がもたないKEIKO」
「進化型レジャーホテル」が一般ホテルの“10年先”を行く理由
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加