最新ランキングをチェックしよう
謎のカキ大量死、原因はウイルスと細菌の2段階攻撃 フランス研究

謎のカキ大量死、原因はウイルスと細菌の2段階攻撃 フランス研究

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/10/12

フランス・パリ近郊ビルヌーブラガレンヌの市場で売られるカキ(2017年12月7日撮影)。

【AFP=時事】フランスのカキ養殖業界に十年来、多大な損害を与えてきたカキ大量死の謎をめぐり、原因はウイルスと細菌の2段階攻撃だったとする研究結果が11日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表された。 市場規模4億5000万ユーロ(約590億円)のフランスのマガキ養殖業の現場では、2008年

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大麻解禁に踏み切ったカナダ、その影響は?
カショーギ事件はシリコンバレーの一つの時代の終焉か――SoftBank新ファンドの行方も不透明
米が水面下で手打ち工作か?「墓穴掘った」サウジ皇太子
人体標本展を中止、拷問死した中国人の可能性 スイス
「神の国」を巡る朝日新聞の“救いがたい”誤解(特別寄稿)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加