最新ランキングをチェックしよう

ものづくり産業労組 平成30年春闘要求水準は今年と同じ月6000円に

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/12/07

中小製造業の労働組合が中心の産業別労組、ものづくり産業労働組合(JAM)は7日、平成30年春闘で基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)について、月額6千円を求める方針案を発表した。ベア要求は4年連続で、上げ幅は3年連続同じ。
 方針案は各労組が到達すべき賃金水準として、高卒入社30歳で月額26万円、35歳で30万5千円と設定した。中小企業では大企業以上に人手不足が深刻なうえ、企業間の格差も大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「球磨川下り」存続危機 熊本地震追い打ち、2期連続債務超過 市民協力で、再生案策定へ
マック過去最高益を生み出す"どん底改革"
千円安いしまむらボアコートはユニクロを超えられるか!?
シトロエン『C3』vs VW『cross up!』小粋で楽しいヨーロピアンコンパクトの魅力
ベンチャー投資は「起業家」に聞くべし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加