【MLB】田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利目指し先発も...初回33球で3失点の苦しいスタート

【MLB】田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利目指し先発も...初回33球で3失点の苦しいスタート

  • フルカウント
  • 更新日:2019/08/23
No image

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

3安打2四球で3失点、変化球を見極められ苦しい立ち上がり

■アスレチックス – ヤンキース(日本時間23日・オークランド)

ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)、日本人初の6年連続2桁勝利となる今季10勝目を目指して敵地アスレチックス戦に先発。初回にいきなり3点を失い苦しいスタートとなった。

田中は初回、先頭セミエンに右翼への二塁打を浴びると、グロスマンとチャップマンに連続四球。低めへの変化球を見極められ、苦しいピッチングとなる。オルソンは二遊間へのゴロも、シフトを敷いており遊撃グレゴリアスが処理。併殺は取れず、三塁走者の生還を許した。

さらに、カナにはスライダーをレフトに運ばれて2点タイムリーとされ3失点。ピスコッティにも中前打を浴びて2死一、二塁とされたが、最後はデービスを投ゴロ併殺打に仕留めて、ようやく3アウトを奪った。

初回だけで33球。3安打2四球で3失点という立ち上がりとなった。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】アロンソがルーキー史上2人目の50号! ジャッジの新人記録に「2」、残りは9試合
ブレーブスがナ・リーグ東地区連覇 昨季の新人王・アクーニャが41号2ラン
【MLB】ブレーブスが2年連続19度目の地区優勝 「40-30」達成のアクーニャが41号弾!
【MLB】今季で引退のサバシア、PSはリリーフ起用へ 10年ぶり世界一へ「何でもやるよ」
【MLB】レッズ左腕が大乱闘劇から更生、相手挑発にもベンチに“避難” 「やり返さなくてもいい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加