ミゲル・コット 12・2ラストファイト 相手は五輪出場のアマエリート

ミゲル・コット 12・2ラストファイト 相手は五輪出場のアマエリート

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

プロボクシングのWBO世界スーパーウエルター級王者ミゲル・コット(36=プエルトリコ)のラストファイトの相手がサダム・アリ(29=米国)に決まった。ゴールデンボーイプロモーションズから11日に発表された。試合は12月2日(日本時間3日)に米国ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で行われる。

No image

ミゲル・コット

スーパーライト級からミドル級まで4階級を制覇したコット。キャリア最後の試合は同郷のプエルトリカンが多く住むニューヨークで行われ、会場はこれまで数多くの名勝負が繰り広げられたMSGに決まった。

これはプエルトリコ人として初の4階級制覇を達成したコットにとっては最高のセッティング。試合をプロモートするゴールデンボーイプロモーションズの粋な計らいと言えよう。コット本人も「MSGで自身のラストファイトを行えることに興奮している」と話している。

相手のサダム・アリは2008年の北京五輪に出場したアマチュアエリート。元々はウエルター級の選手で、階級を上げてコットと相対する。戦績は26戦25勝(14KO)1敗で、スタイルはオーソドックス。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田、決着のリングへ=エンダムと5カ月ぶり再戦-WBAミドル級
村田、王座奪取へ視界クッキリ!自ら器具購入し視力トレ/BOX
村田自信...エンダムは「小さく見えた」 体格差を実感!予備検診異常なし
拳四朗、リーチ差6・5センチも泰然「何とも思わない」
ヒクソン・グレイシーが語る『PRIDE.1』高田延彦戦20年目の真実 「タカダがどれほどの実力の持ち主なのかは関係なかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加