優木まおみ、夫と毎日していることとは?夫婦円満の秘訣語る

優木まおみ、夫と毎日していることとは?夫婦円満の秘訣語る

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/11/14

優木まおみ/モデルプレス=11月14日】タレントの優木まおみが14日、都内で行われた第4回「コロンビア・アワード」記者発表会に出席した。

No image

(写真 : 夫婦エピソードを明かした優木まおみ (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】優木まおみ、大きな花束が似合う!ヌーディーなオトナドレスで登場

◆優木まおみ、夫との毎日の習慣とは?

夫婦円満の秘訣を聞かれた優木は、「私も主人も、怒っても直接ワッと言うタイプではないんですけど、それでも1人目出産後は衝突が少しありました」と打ち明け、「言い方ひとつ、言うタイミングひとつで、同じことを伝えるにしても全然違うんだなということを、夫婦生活が長くなってくると感じるので、今は怒ったりムカッとしたことはすぐに言わないで、私は必ずメモに取るようにしています」とコメント。

そして「そうすることによって、客観的にみられて、言うタイミングや言い方とか、言わなくていいと思ったことを外して、一回整理したあとに言うようにしています」と明かし、「逆に、嬉しいこととか、感謝の気持ちは、思ったらすぐ言います」と語った。

また、“夫婦円満のために、毎日旦那としていること”を尋ねられた優木は「毎朝、家を出るときにハグをし合います。主人が家を先に出ることが多いんですけど、まず長女に行き、そのあと次女に行き、最後に私に来てくれて、ハグしていってらっしゃいは、決まりじゃないですけどクセみたいな感じです」と紹介し、「たまに、長女より先に私が入り込んでみたりとか、(夫が)バタバタしていて忘れていそうだったら、私のほうから玄関付近まで寄っていってハグしたり、そういうスキンシップをしています」とのろけた。

◆“いい夫婦の日”に花束贈呈

同賞は、コロンビアが日本における『いい夫婦の日』(11月22日)に花を通じて、日本とコロンビアの国際交流を図り、日本におけるコロンビアの花の輸入促進や特徴および生産背景の理解促進、また花の購入機会の新たな創出を目的としている。

『いい夫婦の日』(11月22日)にちなみ、コロンビア大使館から“花の似合う理想の夫婦”として同賞を贈られた優木は「お花はとっても大好きで、家にお花があると、気持ちに余裕があるときだなと実感して、花を眺めているだけですごく幸せな気分になります」といい、「この賞をいただけて、これからも家にお花を飾って、いつもニコニコしていられるようないい夫婦で、いいお母さんで、いい女であれるように頑張りたいと思います」と喜び。

さらに「家族でいただいた賞かなと思います。(子どもが)女の子ということもあって、特に長女はお花も大好きで、街で見かけても、野に咲いている花を見ても『ママ、綺麗だね』って言ってくれて、そういう子に育ってくれて嬉しいなと、いつも思っています」と感慨深げに語った。

◆幸せ全開!ラブラブエピソード明かす

夫から花をもらって嬉しかったエピソードを聞かれると「『毎年くれています』とここで言うと、旦那さんへのプレッシャーになっちゃうので、気が向いたときでいいんですけど、結婚する前とか、してからも誕生日や結婚記念日にはお花をくれますね」と告白。

「子どもが生まれてからは私が先に寝ていて、主人は仕事が遅いので、私の誕生日でも私が先に寝てしまうときもあるんですけど、当日の夜に私が寝ていても花だけは買ってきてくれて、朝起きたら机の上にあって、いい気持ちになってニヤッと喜んだ記憶があります」と幸せオーラを振りまいた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
尼神インター・渚、ガチでしばきたい大物芸能人を激白!
ついにジャニーズのイベントとかぶった元SMAPメンバーのイベント
安室奈美恵がテレビに出なくなった理由
安室奈美恵“子離れ”できず「お前うぜえよ」
脱げる女優・佐々木心音×AV女優・紗倉まな「女の子たちが、絶対通る道」を語る──
  • このエントリーをはてなブックマークに追加