ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応

ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/22
No image

ホンダ CB400スーパーフォア〈ABS〉

もっと画像を見る
ホンダは、ロングセラーのロードスポーツモデル『CB400スーパーフォア』およびハーフカウル装備の『CB400スーパーボルドール』を改良するとともに、平成28年度排出ガス規制に対応させ、10月20日より発売。

CB400スーパーフォアは、「PROJECT BIG-1」の開発コンセプトを踏襲した400ccロードスポーツモデルとして発売。以来、四半世紀に渡り進化を続け、熟成を重ねるとともに、豊富なバリエーションで幅広いユーザーから支持され続けている。

今回の改良では、最高出力を3ps増の56psに向上させるとともに、直4らしい吹け上がり感と重厚なサウンドの排気音を実現した小型2室構造マフラーを採用。また、前後サスペンションやブレーキの最適化などでハンドリング性能を高め、CB400スーパーボルドール全タイプにABSを標準装備した。

外観ではCB400スーパーフォアに丸形LEDヘッドライトを採用したほか、両モデルともタンク上面には、「PROJECT BIG-1」誕生25周年記念専用マークを配置した。

カラーバリエーションは両モデルとも、グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック、パールサンビームホワイトの3色を設定。価格はCB400スーパーフォアが81万5400円、CB400スーパーフォア〈ABS〉が86万6160円、CB400スーパーボルドール〈ABS〉が94万7160円、CB400スーパーボルドール〈ABS〉Eパッケージ(ETC・グリップヒーター付)が101万5200円。なおパールサンビームホワイトは3万2400円高となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Tesla、全電気トレーラー、Semiを発表――ジャックナイフ事故を防ぐ新技術も
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
赤字のメガネスーパーを復活させた「プロ社長」の経営者人生
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
東芝、さらなる債務超過膨張リスク浮上...メモリ事業を失えば「東芝消滅」の可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加