栗のアイデア商品!ありそうでなかった「和」な栗菓子3選

栗のアイデア商品!ありそうでなかった「和」な栗菓子3選

  • ippin
  • 更新日:2016/10/20
No image

Byippin編集部

秋が深まるにつれて、栗がおいしい季節となってきました。モンブラン、栗饅頭、栗きんとんなど栗好きにはたまらないお菓子を思う存分食べられるこの季節、栗を使ったアイデアスイーツも沢山楽しむ事ができます。そこで今回は、ありそうで無かった絶品な栗菓子を3つご紹介します。皆さんも新しい栗の世界に飛び込んでみませんか?

1:栗の中に栗が入った!栗好きのための栗菓子

No image

本物の栗と言えば秋の食べものですが、京都の二條若狭屋の「やき栗」は、通年を通して「栗」を楽しむことが出来ます。栗餡を使い栗の形に整えられた中には、大粒の栗が入っています。回りの栗餡の柔らかさと栗の“ほっくほく”の食感のバランスが最高です。口に入ると栗の甘みが、口いっぱいに広がります。表面に焦げ目を付け、名前の通り“やき栗”に見せているところにも遊び心があり、見て楽しめる和菓子の奥深さを感じます。

栗の中にくり!?美味しさが2倍楽しめるやき栗

荒岡眼鏡の三代目 眼鏡店ブリンク店主  荒岡俊行

2:栗の美味しさがつまった生どら発見

No image

創業60年の老舗和菓子店が手がける、どら焼き専門店「丹坊」。30代の女性社長が手がけるどら焼きはまるで、「ケーキのようだ」と評判です。この時期おすすめなのが、「白山」と名付けられたどら焼き。白餡とホイップクリームの上には和栗を使ったクリームを白い山のようにたっぷりしぼって、生地ではさみます。繊細な作業だけにこの工程は全て手作業です。一口ほおばれば、もちふわの弾力のなかから香り高い栗の風味が広がります。コーヒーによく合うどら焼きです。

秋のおすすめ!まるでモンブランのような栗のどら焼き

アナウンサー/ヨーグルトソムリエ 柳沼愛子

3:優しい口当たりの栗を使った和スイーツ

No image

仙太郎の「こぐり」というお饅頭。この時期だけ丹波工場で作られる特別な商品で、一口サイズの小さなお饅頭は一つ一つ栗を模してあり、そのビジュアルからも秋を堪能することができます。さらに丹波神吉仙太郎栗園にて、しっかりと熟して自然と木から落ちた栗のみを収穫して作られています。栗をデザインした可愛らしいパッケージや潔く結んだシンプルな紐の質の良さに至るまで、仙太郎のセンスの良さが行き渡っている秋限定のお菓子。見つけたら、即買いをおすすめします。

※例年10~12月の期間に販売しております。状況により変わりますので、店舗へのお問い合わせをお願いいたします。

栗の箱から栗が出てくる!? 栗よりも栗な仙太郎のこぐり

美容ライター 前田紀至子

ippin編集部ippin編集部の記事をもっと読む!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
飲んだ後に食べたい「〆飯」1位はラーメンじゃなかった! 「パフェ」「ステーキ」など驚きのメニューもトップ10入り
豪徳寺にあるユヌクレの今年のシュトーレンは「spice」と「tea」の2本!
本ずわい蟹・白子・金目鯛などぜいたくな海の幸を詰め込んだ天丼てんやの「冬のご馳走天丼」を食べてみました
超大物『スティング』が好きなラーメン店ベスト3発表! 1位は北海道発祥のアノお店だ!!
知らないと恥ずかしい!?「ヤッホーブルーイング」で絶対飲みたいクラフトビール3選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加