スタートから半年、「プレミアムフライデー」を利用した人は約2割

スタートから半年、「プレミアムフライデー」を利用した人は約2割

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/15

政府および経済団体連合会を中心に個人消費喚起キャンペーンとして2017年より始まった「プレミアムフライデー」。残業を解消する働き方改革とも連携しており、月末の金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。

人材サービスのVSNでは、全国・男女20~50代のビジネスパーソンを対象に、そんな「プレミアムフライデー」利用実態調査を実施。先日、その回答状況やデータ分析結果を公開した。

No image

まず今年2月よりスタートした「プレミアムフライデー」。導入から半年が経過したが、「一度でも利用したことがある」という人は全体で約2割だった。性別・年代別でみると男性・20代が最も高い結果になった(図1)。

No image

また、利用した人の過ごし方は「ショッピング」が最も多かった(図2)。さらに利用した人のうち、「今後もプレミアムフライデーを利用したい」と回答した人は75.8%と高い数値を示している(図3)。

No image
No image

既にプレミアムフライデーを取り入れている企業に勤務する人に対して、導入した時期を聞いたところ、スタートした2月ではなく4月より導入されたという回答が最も多数だった(図4)。また、「プレミアムフライデー」を利用した人の35.4%は当日、フレックス制度や有給休暇を活用していたことがわかった(図5)。

No image
No image
No image

プレミアムフライデーの継続希望については25.9%が「継続して欲しい」と回答。その一方で導入している企業の数がまだ少ないせいか、「 どちらでもない」「わからない」が半数を超えた(図6)。

■調査概要
調査方法/インターネット調査
調査地域/全国
調査対象/20~50代のビジネスパーソン・男女 1,874名
有効回答数/1874サンプル( 男性945サンプル・女性929サンプル)
調査日時/2017年8月28日~8月31日

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
10年で3000万円貯めた「脱力系ミニマリスト」が指南するお金の貯まる節約術
“コンドーム”が英語ではレインコート!?『知っておきたい男と女英会話』
外国人「日本の電車でこれを目撃して衝撃を受けた...」海外ではありえない状況
【衝撃】ダイビング中の事故で体が膨張 / とあるダイバーを襲った「ダイビング時の恐ろしい症状」とは
お金持ちと一般人を分ける考え方の違い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加