ネタバレ必至!ハリソン・フォード「ブレードランナー 2049」の重要シーンを解説

ネタバレ必至!ハリソン・フォード「ブレードランナー 2049」の重要シーンを解説

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/13
No image

前作との違いについても語る

ブレードランナー」の30年後を描く新作「ブレードランナー 2049」(公開中)の出演者ハリソン・フォードのインタビュー映像が、公開された。

2049年の近未来を舞台に、人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のK(ライアン・ゴズリング)と前作の主人公デッカード(フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまを描く。「メッセージ」「ボーダーライン(2015)」で知られるドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとり、世界46カ国で初登場第1位を記録している。

フォードは、前作とのリンクについて「エドワード・ジェームズ・オルモスが、前作と同じガフ役で出演している。それ以外は、私が唯一の前作からの生存者(サバイバー)かな。俳優ではね」と意味深に語る。というのも、本作では前作のヒロイン、レイチェルがCGで“復活”を果たしているから。前作でレイチェルを演じたショーン・ヤングが撮影に協力し、2分間のシーンに1年を費やしたという本作の大きな見せ場の1つとなっている。フォードは、「レイチェルと会うシーンは、とても興味深くて実に複雑な感情が描かれているんだ。彼(デッカード)は、今までに目にしたことも想像したこともないものを見る。レイチェル本人ではないとわかってはいるが、かつての感情にとらわれる。彼女に対して抱いていた感情だ。記憶が彼を感情的にするんだ」とシーンを解説するとともに、デッカードの心情を説明。

さらに、デッカードとKの違いについて「Kの方がずっとハンサムだ。昔の僕よりね」とジョークを飛ばしつつ、「Kは自分がレプリカントで、自分の運命をコントロールできないことを知っている。デッカードはその問題に直面していない。前作は監督のリドリー(・スコット)がさまざまなアイデアを導入し、どう解釈するかは観客の裁量に任せるつくりだった。デッカード自身は、自分がレプリカントなのか自問しなかった。これが(デッカードとK)2人の大きな違いだ」と語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『アウトレイジ』に親子連れ多数!ジャ・ジャンクー創設の映画祭、会場作る本気ぶり(中国)
なぜ黒人男性はドラゴンボールが好きなのか?
長澤まさみ、高橋一生に抱かれて眠る...『嘘を愛する女』新ビジュアル
太賀&松岡茉優&鈴木伸之ら『桐島』“脇役”卒業生たちが、いまスゴイ
乃木坂46 能條愛未、マクドナルド映画『ファウンダー』を語る!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加