好調のスターリング、契約延長は急がず...交渉はW杯終了後を希望か

好調のスターリング、契約延長は急がず...交渉はW杯終了後を希望か

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/12/05
No image

今季好パフォーマンスを披露しているスターリング [写真]=Getty Images

マンチェスター・Cに所属するイングランド代表MFラヒーム・スターリングは、契約延長を急いではいないようだ。4日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

現在のスターリングの契約は2020年6月までとなっている。まだ2年半は契約が残っているものの、早めに契約延長をしたいマンチェスター・C側は、同選手と交渉を行おうと準備していることが明らかになっている。

しかし、スターリングは契約延長を急いでおらず、今はサッカーに集中するために、契約について話し合うことはしないことを決めたという。交渉は2018 FIFAワールドカップ ロシアが終わった後を望んでいるようだ。

今シーズン好調のスターリングは、ここまで公式戦20試合に出場し、13ゴール4アシストを記録。マンチェスター・Cのトップスコアラーとして、チームを牽引している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岡崎慎司が練習場でマハレズと本気バトル! 英紙は「いまのレスターの雰囲気の良さが...」
大迫所属ケルン、2部降格は不可避? 新取締役「奇跡が起きなければ...」
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
緊急帰国のネイマール、PSG指揮官は数日中の復帰を期待
CL バルサ不運な抽選結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加