張本氏、大谷のメジャー挑戦で「プロ野球界が崩壊しますよ」

張本氏、大谷のメジャー挑戦で「プロ野球界が崩壊しますよ」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/12

野球評論家の張本勲氏(77)が12日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。米大リーグ挑戦を正式に表明した日本ハム・大谷翔平投手(23)について、「もったいない。球団が引き留めてやらないと。よくファンは黙っているよね。1、2年いないかというような姿勢を見せてくれないと。いまは『いけ、いけ』といっているだけだから。プロ野球界が崩壊しますよ」と残念がった。

大谷は11日、東京都内で会見。ポスティングシステムを利用しての米大リーグ挑戦を正式表明した。5年間を過ごした球団や北海道のファンに感謝の気持ちを伝え、少年時代から抱いていた夢の実現を前に「どれか一つを諦めるということは考えていない」と、二刀流の継続を希望。移籍先選びは起用法を重視し、交渉のために渡米する考えもあり、最終目標には、二刀流でのワールドシリーズ制覇を掲げた。

ポスティングシステムは日米間で従来通り、日本の球団が譲渡金の上限を2000万ドル(約22億6000万円)に設定し、支払う意思のある全ての大リーグ球団が選手と交渉できる内容で大筋合意している。だが25歳未満の選手には獲得資金の上限が制限されており、今回の移籍交渉は金額以上に、難しい二刀流の起用法が焦点となる。張本氏は「(大谷が)米国で活躍しても米国人は喜ばないよ、腹の中は。自分の国の選手が活躍した方がいいと思うんじゃない?」と持論を展開した。

No image

日本ハム・大谷

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3位から日本S進出、DeNAの戦力整理 元開幕投手は引退、ドラ1が複数戦力外
阪神・中谷に熱〜いラブコール!小郡市が「ふるさと大使」の任命検討
女性に乱暴容疑で逮捕された元阪神タイガース選手に球界衝撃
移籍先が決まった戦力外・自由契約組
番長、大魔神、マシンガン打線...ハマスタ伝説甦る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加