「ベネズエラで2kgのチキンを買うのに必要なお金がこちら」他国の人々を震撼させた写真

「ベネズエラで2kgのチキンを買うのに必要なお金がこちら」他国の人々を震撼させた写真

  • らばQ
  • 更新日:2020/01/16
No image

インフレが凄まじいベネズエラでは特に食料品が高騰しており、かつてのジンバブウェを思い出すほど貨幣の価値が下がりました。

現在チキン5ポンド(約2.27kg)買うのに、どれだけの現金が必要かを示した画像が、他国の人々に衝撃を与えていました。

14,600,000 bolivars, the amount of money you need to buy a 5 pound chicken in Venezuelafromr/Damnthatsinteresting

チキンだって大きいはずなのに、はるかに多く紙幣!

誇張抜きに紙くず同然です。金額は1460万ボリバル。

お金の価値がこうなのだから当然経済は回っておらず、国民は飢え、大勢が国を脱出しています。

(参照:「ベネズエラが今どれだけの危機にあるのか…この写真を見てほしい」国民の平均体重が20kg減る)

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ベネズエラのインフレーション率は2019年4月で28万2972.80%。

↑なぜそんなに高いの? なぜ銀行や政府がそれを止めてないの? 改善する動きはないの?

↑バカが政府にいるんだろ。

↑誰も言及してないが北米とヨーロッパと南アメリカの大部分から経済制裁を受けている。その状況ではどの国だって安定できるか疑問だよ。

↑100%それだね。だがみんな違う理由を付けている。社会主義だからとかね。

●写真の札束は「ボリバル」で旧紙幣だけどね。2008年に1000ボリバル=1ボリバル・フエルテ(新紙幣)にデノミしている。

(※2018年8月20日に10万ボリバル・フエルテ=1ボリバル・ソベラノにデノミしている )

●もうそれは、めちゃくちゃおいしいチキンに違いない。

●その山のような札束と交換するのに100ドル払ってもいい。

↑このハイパーインフレなら、100ドルもあったらベッドくらいになって、その上で寝られるよ。

●お金を数えるのに、スーパーのレジが長蛇の列に違いない。
13,564,509....13,564,510....おお、2枚重なっていたな、やり直す。....1...2...3...

●その印刷された紙そのものが実際のお金の価値より大きくない?

●ベネズエラの女性と知り合ったが、彼女の母親は月収3ドルでお米1kgの値段だそうだ。

↑そうだよ、それがほとんどの人の収入で500万人ほどが国外に脱出したんだ。

●こういう現象をハイパーインフレーションと呼ぶ。ドイツは1921~1923年に体験している。1923年の11月までに第一次世界大戦の借金で1ドルが4,210,500,000,000マルクスになり、最後には価値がなくなった。
ヒトラーが1933年に首相になった頃には610万人、3人に1人が失業していた。
多くのドイツ市民が職もなく飢えて必死だった。民衆は政府の極端で単純な解決を求め、それがナチスを産みだしたんだ。ベネズエラが次の数年でどうなっていくか興味深い。今の状態では持続できず、国民には恐怖に陥ってるであろうから。

原因も解決も複雑で、今後どうなるかも不透明ですが、インフレの怖さだけは浮き彫りとなっています。

【「ベネズエラで2kgのチキンを買うのに必要なお金がこちら」他国の人々を震撼させた写真】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もしも1945年8月の日本にツイッターがあったら
エコノミーと同じ座席の“なんちゃってビジネスクラス”とは?
「ロジャー、目を覚まして!」17歳環境活動家の発信にフェデラーが回答
行方不明の男性がブタに食べ尽くされていた 現場にはわずかな骨が...
1人のご近所さんに許したら、畑中の大根が持ち去られる 被害にあった農家の対応に称賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加