最新ランキングをチェックしよう

期日に追われる人にとって最高のサスペンス本

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/10/19

【書評】『〆切本』/左右社編集部編/左右社/2300円+税
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)
 〆切……なんと胸の痛む言葉だろう。本書は、期日に追われるすべての人にとって、恐怖の本だ。なのに、総毛だったままページを繰る手が止まらない。最高のサスペンス本でもある。
 執筆者は、夏目漱石、谷崎潤一郎から、稲垣足穂、太宰治、野坂昭如、谷川俊太郎、村上春樹、藤子不二雄(A)、西加奈子まで九十人。〆切がいかに理

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】450年前の地図に「UFOを手にしたマーメイド」がハッキリ載っていた! 陸地には身長3~4mの「パタゴニアの巨人」も!
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
山田優ヤバイ!衝撃的な「激ヤセ」写真公開でファン「気持ち悪い」と酷評。
【謎】男性が腹痛で病院! CTを撮ったら腸にウナギがいた / 医師「肛門から入り、腸に達したもの」→ 男はウナギ侵入の理由について沈黙を守る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加