最新ランキングをチェックしよう

期日に追われる人にとって最高のサスペンス本

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/10/19

【書評】『〆切本』/左右社編集部編/左右社/2300円+税
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)
 〆切……なんと胸の痛む言葉だろう。本書は、期日に追われるすべての人にとって、恐怖の本だ。なのに、総毛だったままページを繰る手が止まらない。最高のサスペンス本でもある。
 執筆者は、夏目漱石、谷崎潤一郎から、稲垣足穂、太宰治、野坂昭如、谷川俊太郎、村上春樹、藤子不二雄(A)、西加奈子まで九十人。〆切がいかに理

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定! 惑星の配置が黙示録の記述を完全再現していることが判明!
職場で総スカンになる30代社員の特徴
ひとりエッチ好き女子が「密かにエッチな気分になっちゃう」お店4つ
名医たちが実名で明かす「私が患者なら受けたくない手術」
怖すぎる!16キロ走行した車の下から「体毛の焦げた臭い」恐る恐る見てみると・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加