【炎上】コインチェック事件は何も解決していない件 / 被害者は被害者のまま地獄モード継続

【炎上】コインチェック事件は何も解決していない件 / 被害者は被害者のまま地獄モード継続

  • バズプラスニュース
  • 更新日:2018/02/14
No image

ビットコインやネムなどの仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)がハッキングされ、約580億円分の仮想通貨を不正送金されたことにより、自己防衛のため入金、出金、売買ができない件で、新たな事実が判明した。

・よくわかってない人もいるようだが
2018年2月13日(火)からコインチェック利用者の出金サービスを再開したが、これはあくまで利用者がコインチェックに預けていた日本円を引き出せるようになっただけ。銀行でいうところの、ATMから引き出しができるようになっただけのこと。

・コインチェックの不手際で盗まれた
できて当たり前のことができるようになっただけであり、コインチェックの不手際で盗まれた仮想通貨ネムの売買や日本円化することはできないままである。つまり盗まれたままなので、この事件、何も解決していない。

No image

・それでは信用できない
コインチェックは盗まれたネムの補償に対して「資金自体は既にある」と発言しているが、それを利用者に渡す時期に関して質問されると「お答えしかねる」の一点張り。それでは信用できないといわれても「おっしゃる事はまさにそうだがお答えできない」と返答するばかり。

・そのまま倒産する可能性
コインチェック側は「倒産はしない」と言っているが、いままで倒産しないといってきた企業がアッサリ倒産した例はいくつもあり、その言葉を信用しろといわれても無理である。ネムが盗まれたまま返金されず、そのまま倒産するという可能性があるのは言うまでもない。

また、コインチェックは資金を日本円ではなく仮想通貨で保持している可能性があり、返金が決まれば仮想通貨を売って日本円にする可能性があるという。そうなれば、ビットコイン等が大暴落するのは間違いない。

No image

・出川哲郎のユニークなCM
被害者は被害者のまま地獄モードが継続される。確かに「どんな会社かもよく知らずに利用していた客も悪い」という声があるのも事実だ。

しかしながら、規約を隅から隅まで読んで契約する人は少ないし、出川哲郎のユニークなCMを観てノリで契約した人も多いことから、一日も早く解決することを心から願いたい。

ちなみにコインチェックはクレーム対応スタッフを募集するなど、これから起きる激怒の嵐に備えて準備中である、

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無理やり起こされ、泣いても「夫婦の営み」強要...完全にDV、犯罪になる可能性も
陰険だろ! 夫の両親が遊びにきた時に妻がとった最悪行動3選
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
米海兵隊が"PDCA"より"OODA"を使うワケ
【悲報】ノンスタイル石田さんの『#医者に言われた衝撃的な一言』が衝撃的すぎて心配の声多数「マジで大丈夫なのか...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加