ドーン Research Memo(6):2018年5月期はクラウドで継続成長、増収増益を見込む

ドーン Research Memo(6):2018年5月期はクラウドで継続成長、増収増益を見込む

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15
No image

株式会社フィスコ

■今後の見通し

● 2018年5月期の業績見通し
ドーン<2303>の2018年5月期通期の業績予想は、売上高で前期比5.3%増の830百万円、営業利益で同20.0%増の150百万円、経常利益で同17.6%増の154百万円、当期純利益で同16.9%増の104百万円と、増収増益の基調を維持する見通しだ。最大のセグメントである受託開発は人材不足からすべてのリードは受託できてはいないものの、現有体制での現状維持を見込む。好調なクラウド事業は、全国の自治体のシステム更改に合わせた導入となるため、2018年5月期も例年通り50百万円~60百万円前後の着実な売上増が期待できそうだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<HN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体
世紀のヒット商品『写ルンです』の"ルン"の意味って知ってる?
セールで優秀店舗になっても従業員に一銭も還元されない!? 「いくら頑張っても給料上がらない」という声も
売れない時代で右肩上がり!〝ダイバーシティ飯〟が日本を席巻する理由
セブン、新型「巨大店舗」が壮観...棚が15cm低い秘密、極限まで顧客ニーズ追求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加