最新ランキングをチェックしよう
亡くなった飼い主にもらったぬいぐるみをぎゅっと抱きしめて保護施設にやってきた16歳の老猫(アメリカ)

亡くなった飼い主にもらったぬいぐるみをぎゅっと抱きしめて保護施設にやってきた16歳の老猫(アメリカ)

  • カラパイア
  • 更新日:2018/04/26

まだ幼い子どもは、お気に入りの何かを肌身離さず持っている。そうすることで安心感を得ているのだ。
 これは人間に限ったことではないようだ。長年一緒だった飼い主が亡くなったため、保護施設にやってきた16歳の老猫、フーニーは、ボロボロになったぬいぐるみを持参してやってきた。
 フーニーとぬいぐるみは長い付き合いなようだ。施設に入ってからもフーニーは相棒のぬいぐるみを片時も離すことはなく、寝るときは抱きし

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
生まれて初めての「雪」に歓喜するベトナム人青年の姿に心洗われる
いつだって僕らは元気いっぱい!愛犬たちに笑顔をもらおう。ゆかいなわんこの動画総集編
【ワンコとお出かけ Vol.23】第4回アウトドアドッグフェスタin八ヶ岳に行ってきた!
難攻不落のダンボール迷路に果敢に挑むゴールデンハムスター
犬が井戸に落ちて今にも力尽きそう...一刻の猶予も許さない中での救助劇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加