オリ、今年も糸井2世現れず 背番号「7」は来季も空き番

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

早く、後継者出てこい!! オリックスが背番号「7」を2年連続で空き番にする見通しであることが13日、わかった。

長村球団本部長が「背番号『7』はうちにとって特別な番号。福本さんは(誰がつけても)いいよって言うかもしれないけど」と明かした。

オリックスにとって、背番号「7」は顔とも言える数字。かつて、世界の盗塁王こと福本豊氏が付け、一度欠番扱いになった経緯がある。昨オフ、阪神にFA移籍した糸井が“継承”していたものの、今季は有資格者がいないと判断し、空き番に。同本部長は以前にも「若い選手から背負ってほしい選手が出てくれば一番」と話していたが、1年が経過しても“不在”というのが現状だ。

4位からの浮上に若手の台頭は不可欠。球団は「ポスト糸井」の出現を待ち望んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・川端崇義、ファンに熱く愛された6年間
巨人 小林がでん部を手術、無事終了もファン感は欠席へ
元プロ野球選手のセカンドキャリアを支援、国学院大が特別入試を実施
京大卒のロッテ戦力外田中、引退し三井物産へ就職
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加