ヤンマー、トルコで建機シェアリングサービスを本格運用開始

ヤンマー、トルコで建機シェアリングサービスを本格運用開始

  • レスポンス
  • 更新日:2019/03/25
No image

ヤンマーの建機シェアリングサービス「MakinaGetir(マキナゲテル)」

もっと画像を見る
ヤンマーは、トルコ・イズミール州を中心にテスト運用を行っていた建機シェアリングサービス「MakinaGetir(マキナゲテル)」について、2019年度より順次サービスを追加し、トルコにて本格運用開始すると発表した。

トルコは2023年の建国100周年に向けて建設投資が活発に行われており、建設機械の購入だけではなく、レンタル市場の成長が見込まれるなど、建機に対する顧客のニーズも多様化。一方で建機の効率的な活用・管理、借り手のコスト削減などの取り組みは行われておらず、使用していない建機が遊休資産になるなど課題も出てきている。

ヤンマーは2018年6月より、トルコのイズミール・エーゲエリアにて建機シェアリングサービス「マキナゲテル」のテスト運用を開始した。マキナゲテルは、建機オーナーと建機ユーザーをつなぐオンラインのマッチングプラットフォームサービス。同エリアでは2600台を超える登録が行われ、様々な建機を借りられる環境を提供し、コスト削減に貢献している。

ヤンマーでは、4月1日よりマキナゲテルのサービスを順次拡大し、総合サービスを目指して本格運用を開始。新興国トルコにて早くから建機のシェアリングプラットフォームを立ち上げることで、建機の効率運用を推進し、ユーザーに新たな価値を提供する。さらに今後は、市場特性を見極めた上で、同ビジネスモデルが有効な市場を中心にグローバルに展開していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プリペイドとポストペイの電子マネー、結局どっちが得なのか?
“怒っている人”はこうやって鎮める! 企業のクレーム対応、プライベートでも応用可能?
平成最後の硬貨大人気=「改元記念」35万セット売れる-造幣局
リゾネットに15ヶ月の業務停止命令 旅行会員権のマルチ販売
「アフリカの奇跡」の国、ルワンダが日本の若者に与えたもの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加