【U-17W杯】「不屈のスピリットを見せた」フランス専門誌が日本の粘りを称える

【U-17W杯】「不屈のスピリットを見せた」フランス専門誌が日本の粘りを称える

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/12
No image

強豪フランスの前に善戦虚しく敗れ去った森山ジャパン。グイリー(9番)に2ゴールを許した。(C)Getty Images

[U-17W杯グループリーグ第1戦]日本1‐2フランス/10月11日/グワハティ(インド)

強豪フランスに敢然と立ち向かったが、結果は1-2の惜敗。U-17ワールドカップにおけるU-17日本代表の戦績は1勝1敗となった。

実に効率よく得点を奪われた。13分にカウンターからグイリーに先制を許すと、フランスは堅守速攻を徹底。日本はボールポゼッションで上回りながらもファイナルサードでのアイデアに乏しく、なかなかゴールチャンスを奪えない。71分には細かな繋ぎから中央を打破され、またしてもグイリーに決められてしまう。その直後に宮代大聖がPKで1点を返したものの、1-2の黒星を喫した。

フランスの老舗サッカー専門誌『France Football』は“小さなレ・ブルー”の奮闘ぶりを速報。「安定した試合運びを見せ、とりわけ2点目が素晴らしかった。アドリとの鮮やかなワンツーからグイリーがねじ込み、勝利を手繰り寄せた」と報じ、「このグループの天王山を制し、1位突破の切符をほぼ手中に収めた」と評した。

しかしながら、終盤の日本の粘りには驚いたようで、「日本の選手たちは不屈のスピリットを見せた。リードを2点に広げてホッとしたフランスに“学び”を与えたのだ。フランスがPK以外のピンチを迎えることはなかったが、最後までボールを支配していたのは日本。その事実は揺らがなかった」と称えた。

日本は土曜日(14日)にニューカレドニアとグループリーグ最終戦を戦い、勝利すればラウンド・オブ16進出が決まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスター岡崎今季4点目 先発起用の期待に応える
途中出場のドルトムント香川は見せ場を作れず 長谷部はチームを救うビッグプレー披露
3試合ぶりにスタメン出場の浅野が奮闘も...チームは完封負けで連勝ならず
復帰のアグエロがクラブ記録に並ぶ177得点目...マンCは公式戦11連勝
岡崎慎司が値千金弾をゲット! プレミア4点目で自己ベスト更新へ「1」に迫る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加