NY金:小幅反発で1256.60ドル、ドル買い一服を受けて

NY金:小幅反発で1256.60ドル、ドル買い一服を受けて

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

NY金は小幅反発(COMEX金12月限終値:1256.60↑1.10)。高値は2時23分の1258.20ドル、安値は21時21分の1253.20ドル。ニューヨーク連銀が発表したNY州製造業業況指数が5月以来の低水準となったことから、為替市場ではドル買いが一服。目立った売買フローが入らないまま、金は前日終値水準でのもみ合いとなった。

テクニカル面では、200日移動平均線(1266ドル水準)が上値抵抗ラインとして意識されており、1250ドル水準で推移している。

<MT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
KTM東京東、12月17日リニューアルオープン...関東圏最大規模
メルセデス Sクーペ & カブリオレ、米国でリコール...シートベルトに不具合
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
ユニクロに1年潜入取材してみた!
KDDI、元NEC系ISPビッグローブ買収を発表!富士通系のニフティとも交渉中?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加