卓球界のイクメン・水谷「愛ちゃんの子ども育成したい」と志願

卓球界のイクメン・水谷「愛ちゃんの子ども育成したい」と志願

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/21
No image

リオデジャネイロ五輪卓球男子シングルス銅メダルの水谷隼(26)=ビーコン・ラボ=が19日、都内で「イクメン オブ ザ イヤー2016」に出席し、育児に奮闘するアスリート代表として同賞を受賞した。

2歳のまな娘を実家の卓球教室に連れて行ったところ、自らラケットを握り、素振りをしたという。「楽しくやってほしい」と目尻を下げたが「(卓球は)プロでやっていけるのは一握りなので、本格的にはやってほしくない」と厳しさものぞかせた。

一方で、卓球界のサラブレッド育成でも“イクメン”を目指す。結婚した福原愛(ANA)に対し、「もし愛ちゃんに子どもができたら、卓球を指導させてほしい」と志願。「相手(台湾代表の江宏傑)も一流選手なので強くなる。世界一になれるかも」と意欲を燃やした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
他人のお尻を洗った「温水洗浄便座」......衛生面を専門家が解説!
どうして...?女性がスーパーで「エッチな気分になっちゃう」食べ物4選
新垣結衣と石原さとみの衣装が丸かぶり!「逃げ恥」「校閲ガール」に珍事発生
秒速で笑えるマンガ『矛盾』タイクツくんDX|退屈先生
現役アイドルがまさかすぎる形で引退を発表「この度私の妊娠が発覚しました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加