最新ランキングをチェックしよう
ブロンコスVSペイトリオッツ戦で審判ダウン 102キロ選手と激突するハプニング

ブロンコスVSペイトリオッツ戦で審判ダウン 102キロ選手と激突するハプニング

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

米コロラド州デンバーで12日に行われたNFLブロンコス対ペイトリオッツ戦で審判が選手の“タックル”を浴びて退場するというハプニングがあった。
 第3Qに倒れ込んだのはジェフ・ライス審判。ペイトリオッツのラインバッカーで1メートル96、102キロのトレバー・ライリー(29)と偶然、接触したもので背中から後頭部に強烈なヒットを浴びてうずくまった。
 責任を感じた?ライリーがすぐに救護班を呼び、試合はし

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
審判が選手に「報復キック→イエロー提示」 衝撃珍事に波紋...仏紙「笑うほうがマシ」
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
不振レアルの「チーム得点王」はわずか4点... “ブービー賞”の屈辱に贔屓紙も嘆き節
メッシ、“宇宙クラス”の圧巻FKに地元紙脱帽 「成層圏を破壊し、世界を驚嘆させた」
ロナルド古巣マンU復帰熱望か、仲間に退団伝えた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加