那覇のデパート『リウボウ』内にオープン!『樂園百貨店』で買えるおすすめの沖縄みやげ5選

那覇のデパート『リウボウ』内にオープン!『樂園百貨店』で買えるおすすめの沖縄みやげ5選

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07
No image

沖縄に旅行・出張して「那覇市内でおみやげを買う」となった場合、みやげ店が立ち並ぶ国際通りに行くのが、これまでの定番であった。国際通りにほど近いデパート『リウボウ』の2Fにオープンした、ライフスタイルセレクトショップ『樂園百貨店リミテッドショップ』が、その流れをちょっと変えつつある。

『樂園百貨店』のコンセプトは、「沖縄のいいモノ、日本のいいモノ、世界のいいモノ、からだにいいモノを中心に、沖縄県内の人気作家の工芸品や、国内外から集めた雑貨などを取り扱う」というもの。2017年11月の時点で、約200点のラインナップがあるが、シーサーの置物といったありきたりなものではなく、かなりエッジのきいた品も揃えていて、なかなか興味を惹かれる。

今回は、売り場の約半分を占める「沖縄のいいモノ」の中から、県外旅行者のおみやげとしておすすめの品を5つセレクトした(価格は税込み)。

■『琉球みやらびこけし』(3456円)

「こけし」と聞いてイメージする一般的なこけしと異なり、細長のフォルムが特徴的なのが『琉球みやらびこけし』。沖縄の伝統衣装を身にまとった若娘をモチーフに、すべてが手作りで、一つ一つが微妙に異なる味わいある民芸品。種類は、花笠をかぶった琉装の『四つ竹』、頭にかごを乗せた魚売りの『糸満娘』、琉球絣(かすり)姿の『絣帯』の3種ある。ちなみに「みやらび」とは、『美童』とか『美しい娘』を意味する沖縄の方言。

No image

『琉球みやらびこけし』

■『首里織名刺入れ』(8640円)

琉球王国の時代から伝わる織物「首里織」の作品を生み出している3名のアーティストによる名刺入れで、デザインのバリエーションを豊富に揃えている。

伝統にのっとり、沖縄の植物や樹皮から染料を抽出し、糸染めから織りまで一貫して手作業で制作している。繊細な色・柄の濃淡やふっくらとした立体感は、機械には真似できないもの。初対面の人との名刺交換の際に、話のきっかけづくりにもなるだろう。

No image

■『樂園百貨店×tabishio』(2160円~)

1つのパッケージの中に6種類の様々な産地の塩がおさまった『tabishio』(たびしお)は、日本ソルトコーディネーター協会代表理事の青山志穂さんの監修によって生まれたもの。樂園百貨店のイメージにあうよう、約1200種あるという世界中の塩からセレクトされ、『樂園セレクト』、『沖縄セレクト』、『美容セレクト』、『豚肉セレクト』、『プレママセレクト』の5商品がある。小分けして料理好きの知人たちに配るのには、最適なおみやげ。

No image

■『Bluemoon candle OKINAWA』(2700円)

アロマセラピストからキャンドル作家へ転身した飯星りんかさんの作品で、ブーゲンビリアやヒカンザクラといった沖縄の花をドライフラワーにして、キャンドルに閉じ込めたもの。キャンドルそのものの色と花が絶妙にマッチした美しさが人気を呼び、全国にファンがいる。インテリアとして飾っておくのもいいが、火をともして浮かび上がる植物たちや、やさしい灯りも楽しみたい。

No image

■『nife arabesque』の陶器(2700円~)

沖縄でモノづくりに携わる人たちと様々な取り組みを行っている『ゆいまーる沖縄』が育てた陶器のブランドが、この『nife arabesque』(ニーフェアラベスク)。

「ニーフェ」とは、「ありがとうございます」を意味する沖縄の方言「にふぇーでーびる」にちなんだもの。「人に対する感謝、自然に対する感謝、ものに対する感謝の心を持った沖縄のおおらかで柔らかい雰囲気や人柄を、器を通してお伝えしたいという思いからできたブランド」だという。そして、アラベスク(=唐草模様)は昔から描かれている吉祥文様だが、白地にコバルトブルーのコントラストが沖縄らしさも感じさせ、魅力の源泉となっている。

いずれもスタッキングができ、持ちやすいように縁が立ち上がっているといった、使いやすさも人気の秘密。和洋中からスイーツまで、どんなジャンルの料理にも馴染むよう種類を取り揃えている。

No image

『樂園百貨店リミテッドショップ』は、2018年2月までの限定出店の予定だが、好評につきそれ以降も売り場を拡大して営業する可能性があるとのこと。定番とは違ったおみやげを探している方は、気軽に立ち寄られるとよいだろう。

協力/沖縄デパートリウボウ

※記事内の表記金額は全て税込金額です。

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
鉄拳さんのパラパラ漫画、これまた泣ける。自分を見つめ直したくなった
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加