【AFC U-16選手権マレーシア2018 タイ戦ハイライト】タイに先制を許すも5得点で逆転勝利!U-16日本代表アジア制覇へまずは1勝

【AFC U-16選手権マレーシア2018 タイ戦ハイライト】タイに先制を許すも5得点で逆転勝利!U-16日本代表アジア制覇へまずは1勝

  • LEGENDS STADIUM
  • 更新日:2018/09/21
No image

日本時間20日、AFC U-16選手権初戦がマレーシアで行われ、U-16日本代表はU-16タイ代表と対戦。開始1分に先制点を奪われる難しい立ち上がりながら、FW荒木遼太郎の2ゴールを含む、大量5得点を奪って勝利。初戦を白星で飾った。

来年ペルーで開催される、U-17W杯への出場権をかけたAFCU-16選手権。スタメンはGK山田大樹、最終ラインは右から角昂志郎、鈴木海音、半田陸、中野伸哉。ダブルボランチに横川旦陽と山内翔。右に成岡輝瑠、左に近藤蔵波。2トップに西川潤と荒木遼太郎が入る、4-4-2でスタートした。

強い雨が降り注ぐ、マレーシアのUM アリーナスタジアムで行われた初戦、先手を取ったのはタイだった。開始1分、ワラゴンが後方からのパスを受け、左足でゴール右隅にシュートを流し込む。

開始早々にビハインドを背負う厳しい展開となったが、ヤングジャパンはすぐさま地力を見せつける。前半6分、ペナルティエリアでクリアミスを拾った荒木が右足を振り抜き、強烈なシュートをゴールに突き刺す。8分には荒木が最終ラインの裏に抜け出し、GKを外して近藤へパス。近藤が無人のゴールに蹴り込み、逆転に成功した。

しかし、タイも応戦。前半15分、ロングボールに反応したスパナットが抜け出し、日本守備陣の隙を突いて強烈なシュートを突き刺す。このゴールにより、スコアは2対2のイーブンに。

前半23分には西川がドリブルで持ち上がり、GKをかわしてシュートを打つが、DFに当たってゴールならず。直後にも西川が惜しいヘディングシュートを放つも、ゴールをわずかに逸れた。

西川の活躍で流れを引き寄せた日本は、前半34分に成岡の折返しを荒木が頭で合わせて3点目。再び勝ち越しに成功する。攻撃の手を緩めない日本は、前半42分にセットプレーの流れから半田が右足でシュートを流し込み、4点目を奪取。タイを突き放す。

後半に入ると、タイが主導権を握る場面が目立つが、日本はキャプテンの半田、GK山田を軸にゴールを死守。後半19分、日本が1枚目の交代カードを切る。左サイドハーフの近藤に替えて中野桂太を投入。成岡が左、中野が右に入る。膠着状態が続く、後半37分には荒木に替えて中野瑠馬、後半41分には西川に替えて唐山翔自を送り込み、活性化しようと試みる。

そして後半45分に途中出場の中野瑠馬がドリブルでタイ陣内に切れ込むと、スルーパスを受けた唐山が左足で流し込んで5点目をゲット。途中出場の選手が結果を残し、試合を締めくくった。

試合後、森山佳郎監督は「立ち上がり、簡単に失点したところから難しい試合になったが、逆転して(前半を)折り返したのは大きかった。最後に1点取ったところはたくましさで良い部分だが、相手をコントロールして攻撃につなげる部分には課題が残った」と語り、2戦目については「(勝って)決勝トーナメント行きを決めたい。結果と内容、質を上げる部分を追求していきたい」と、1戦目以上の内容で勝利をつかみたい様子。

2ゴールの荒木は「最初1分に失点して、雰囲気が悪くなるかと思ったけど、立て直して逆転できた。修正する部分はまだまだある。次も絶対に勝ちたい」と冷静に振り返った。

勝ってグループリーグ突破を確実にしたい日本の2戦目、タジキスタン戦は23日(日)21時40分より、テレ朝チャンネル2で生中継される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最悪のゲーム」「スピード、テクニックで圧倒された」日本に敗れたウルグアイを地元メディアが酷評
日本代表メンバー23人の通信簿、パナマ戦&ウルグアイ戦で評価を上げたのは?
「日本代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!
日本代表vsウルグアイ!壮絶試合の「全7ゴール」を動画で見る!
【日本代表】南野拓実が大迫勇也から「見習うべきところがある」と感じた部分とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加