横山だいすけ、“歌のお兄さん”時代についてコメント。「どちらかといえば“妖精”的な立ち位置にいたので(笑)」

横山だいすけ、“歌のお兄さん”時代についてコメント。「どちらかといえば“妖精”的な立ち位置にいたので(笑)」

  • M-ON! MUSIC
  • 更新日:2017/12/06
No image

掲載:M-ON! MUSIC NEWS

『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)で、歴代最長の9年間にわたり“歌のお兄さん”を務め上げた横山だいすけ。現在は、ミュージカルコンサートツアー『だいすけお兄さんの世界迷作劇場 2017-18』で全国を巡回するほか、ドラマやバラエティなど多方面で活躍している。

【詳細】他の写真はこちら

そして、来春には自身最大規模となる『横山だいすけ Family Live 2018 in 大阪城ホール』を開催! 同公演のゲストとして、鈴木福の出演も決定した。

今回は横山と鈴木福に、ライブを前にした心境を聞いた。

【横山だいすけ&鈴木福インタビュー】
大阪城ホールといえば、1万人以上を収容する関西最大級のホール。『おかあさんといっしょ』時代に何度もその舞台に立ったことがある横山も、決定の知らせを聞いたときは、さすがに足が震えたという。

「本当ビックリしましたよ。『えっ、お、大阪城ホール!?』って(笑)。しかもこのライブでは、今まで僕がやってきたものとはまた違う、真逆からのアプローチに挑戦してみようと思っています。これまでの僕が優しい、あたたかい歌を届ける役割だったとすれば、今回めざすのはもう少し総合的なエンターテイナー。“コンサート”よりも“フェス”に近い、日常では経験できないような躍動感溢れる空間にしたいと思っています」

自ら「どちらかといえば“妖精”的な立ち位置にいたので」と笑うほど、歌のお兄さん時代はその存在自体が謎に包まれていた横山。しかし今回のライブでは、等身大の、生の横山だいすけの魅力を存分に堪能することができそうだ。

さらに……。

「製作チームにはまず、『エルビス・プレスリーみたいな感じで』と言われたんです(笑)。最初は横山だいすけとプレスリーって全然違うところにいると思ったんですが、もしかしたら、ものすごく面白い掛け合わせかもしれないなと。今はそういったいろいろなアイデアを、みんなで出し合っている段階。それが受け入れられるかは正直わかりませんが、横山だいすけのあらたな魅力を十分に感じてもらえるような、そんなライブにしたいなと思っています」

さらにライブを盛り上げるのがゲストの存在。鈴木福は、「だいすけお兄さんのことは幼稚園のころに観ていて、ずっと明るくていつも面白いなと思っていました。 今回、だいすけお兄さんには歌についていろいろ教えてもらいたいですし、何より一緒に歌えるのがすごく楽しみです!」と目を輝かせる。

すると横山も、「うんうん、一緒に楽しもう! 僕らが楽しめば、きっと観ているお客さんにもその楽しさは伝わっていくと思うから」と満面の笑みを浮かべた。

取材・文:野上瑠美子

ライブ情報
横山だいすけ Family Live 2018 in 大阪城ホール
2018年
04/14(土) 大阪・大阪城ホール
04/15(日) 大阪・大阪城ホール

横山だいすけ OFFICIAL WEBSITE
https://yokoyamadaisuke.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GLAYが結婚式での曲使用に限り著作隣接権料を徴収しないと発表
松下奈緒もイラッ!?倖田來未「愛のうた」熱唱に「アレンジしすぎ」の苦情
【何度目だ】GLAYさん、またも神対応で称賛を浴びる / 結婚式に限り著作権料を徴収しないと発表
何故ここに「城島茂」の名が!松岡昌宏とリーダーのまさかの縁
「B’z」が「Rolling Stone Japan」の表紙に登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加