最新ランキングをチェックしよう
週刊こむぎ (50) どこから行っても たどりつく月

週刊こむぎ (50) どこから行っても たどりつく月

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/20

旅するこねたものたち、
月の光に照らされながら、すすき畑を歩きます。
忘れがちな事ですが、いつも昼には空に太陽が、
夜には月が浮かんでいることに、
人は無意識に安心しているのかもしれません。
「月落不離天」(つきおちててんをはなれず)
という言葉があります。
「真理は特別な人にしか辿り着けない所に隠されているのではなく、
誰もが見つける事のできる場所にあるものだ」といった意味の言葉です。
月は朝に

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
28歳美人CAとの鮨デートの悲劇。まさかの19時解散を強いられた男
今そこにある残酷な現実をとことん突きつけていく、アメリカの子ども向け絵本『うちのご近所にようこそ』
花嫁花婿そろってインフルエンザでも式強行!客席にウイルスまきちらした結果...
こんな上司は絶対NG!部下に嫌われる上司の特徴
「酒は少量でも脳に影響」英オックスフォード大による研究の衝撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加