【報ステ】稲田氏の関与は...日報問題で閉会中審査

【報ステ】稲田氏の関与は...日報問題で閉会中審査

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/11
No image

動画を見る(元記事へ)

南スーダンPKO=国連平和維持活動の日報問題を審議する閉会中審査が開かれた。当時、稲田防衛大臣が隠蔽に関わっていたのかが問われていたが、与党が拒否したため稲田氏は出席しなかった。焦点となったのは2月13日の大臣と陸上自衛隊幹部らとのやり取りだ。特別防衛監察の結果では、この日、辰己統幕総括官や陸幕副長が大臣に日報について説明したとしている。ただ「日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できないものの、書面を用いた報告がなされた事実はなかった」などと結論付けられた。辰己氏は当時の発言について問われたのに対し、監察結果がすべてだとして明言を避けた。小野寺防衛大臣は「監察官に話す内容は正確で正直なものでなければならない。監察結果の詳細を公にしないという前提は妥当だ」と述べた。野党は、第三者機関などの再調査を求めたが小野寺大臣は拒否した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲田防衛相辞任:日報問題の本質は「廃棄」なのか?
地方議員は兼業が58%。豊田秘書問題も問題は別の所
育休不倫辞職の宮崎謙介元議員「しくじり先生」か!?政治倫理セミナー講師
小池都知事の「AI(人工知能)」発言のブラックさとは?
【WEB編集委員のつぶやき】朝鮮学校の無償化不適用「不条理」と語り、「SEALDs」集会に参加 前川喜平氏に慄然とした
  • このエントリーをはてなブックマークに追加