意外とあるある!? 死ぬかと思った目のアクシデント4選【眼科医解説】

意外とあるある!? 死ぬかと思った目のアクシデント4選【眼科医解説】

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/10/18
No image

人生で「死ぬかと思った...。」と肝を冷やす瞬間、いくつかあるんじゃないでしょうか。

特に「目のアクシデント」は下手すれば失明につながる大変危険な事故なので、日常で合わないように注意したいものです。

そこで今回は「死ぬかと思った目の4つのアクシデント」の応急処置や、治療方法などを医師に解説していただきました。

エピソード1:「目にフォークがささる」

応急処置方法

悪化した場合に考えられる目の疾患

病院での治療内容

危険性を医師の視点から解説

エピソード2:「水虫の薬を目に入れる」

目に危ない成分

応急処置方法

病院での治療内容

悪化した場合に考えられる目の疾患

危険性を医師の視点から解説

エピソード3:「とうがらしで目をこする」

目に危ない成分

応急処置方法

病院での治療内容

悪化した場合に考えられる目の疾患

危険性を医師の視点から解説

エピソード4:「花火で目玉がゼリー状」

応急処置方法

病院での治療内容

悪化した場合に考えられる目の疾患

危険性を医師の視点から解説

目のアクシデント事故BEST3

1位:角膜外傷

2位:眼球打撲

3位:結膜疾患

医師からのアドバイス

日ごろから気を付けていれば防げるものもあります。目の障害は失明にもつながりかねませんので、気を付けて目を守るようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボディビルダーの女性が訓練をピタッと止めて3か月→どうなると思う?
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
耳の上のくぼみ、あなたにはあるか!?100人に1人しか持たないこのくぼみ、実は・・・
おじいちゃんになっても解散しなさそうなジャニーズ・6組
退職を考えるきっかけ、1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加