最新ランキングをチェックしよう
京大、妊娠するとお腹が大きくなるメカニズムをマウスで解明

京大、妊娠するとお腹が大きくなるメカニズムをマウスで解明

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15

京都大学(京大)は9月13日、妊娠したマウスを用いて腹側皮膚を構成する細胞の動きを観察した結果、妊娠が進むとともに、皮膚の最外層にあたる表皮の奥に、表皮幹細胞を起源とする高い増殖能を持つ細胞集団が出現することを発見したと発表した。

同成果は、豊島文子京都大学ウイルス・再生医科学研究所の一條遼 研究員らによるもの。詳細は英国の学術誌「Nature Communications」掲載された。

皮膚

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白内障手術を受けた女性は長生きする!? 死亡リスクが6割下がる理由とは?
Apple Watchすごい。高血圧や睡眠時無呼吸症候群まで感知できる
【ガチ】「19日、ニビル最接近で月がなくなる」NASAトップ学者が警告!? スペースXもニビル対抗計画発動、磁場影響でM7地震連発
2017年地球の大気はこう動いていた!NASAが解析アニメーションを公開
NASA、次世代気象衛星「JPSS-1」の打ち上げに成功
  • このエントリーをはてなブックマークに追加