Sexy Zone松島聡くんが考える“天然” 最愛の人に最高の愛のメッセージも!

Sexy Zone松島聡くんが考える“天然” 最愛の人に最高の愛のメッセージも!

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/02/14
No image

【松島聡くんからのお知らせ】Sexy Zoneのニューアルバムが発売中。NHK BSプレミアムの音楽番組「ザ少年倶楽部」や、NHK「ニュース シブ5時」の「ニュースがわかるようになる検定」コーナーなどに出演中(※写真はイメージ)

毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で好評連載中の、友達や先生、親との関係を読者のみんながうまくサバイバルできるよう、Sexy Zoneのメンバーがアドバイスや経験を語るコーナー。今月は松島聡くんが語る「“天然”を考える」です。

*  *  *

僕は“天然”らしい。この仕事を始める前は言われたこともなかったし、Sexy Zoneになってからも、みんな1、2年は様子見してたみたいで、だんだん「あれ、こいつやばくね?」ってなってきて(笑い)。ここ3年くらいでイジられるようになった感じです。ただ、自覚したところで何が天然なのかはよくわからない。自分なりに一生懸命考えてやったことが、「え?」って言われるわけで……。

二十歳を超えた今、これからは天然じゃ許されないことも増えていくだろうし、不安に思うことも多いのが正直なところ。もちろん、大事な個性の一つだし、親しみやすいと言われて芸人さんとか先輩にかわいがってもらえるきっかけになってるのはわかってるよ。風磨くんも「ほかの4人には出せない要素だから何かすげえわ」って言ってくれるしね。だから、いい方向で天然を武器にするためにどう進んでいけばいいか考えたの。そしたら3択しかないと思った。今、これを読んでいる人にも天然で悩んでる人がいるかもしれない。そういう人はよかったら参考にして。

1択目は、「おバカ=天然」ってところも大きいから、おバカな部分を直す。言い間違いとか、マリウスより漢字が書けないとか、そういうのはグループだと誰かがツッコんでくれて成り立つけど、一人で番組に出たときや、大人の男になっていく過程ではキワドイ部分。一つの“味”を捨てることにはなるけど、最低限は勉強して“平常”になる。……平常? あ、“普通”か。(笑い)

2択目は、おバカも含めて天然は維持しながら、自分が好きな知識だけはインプットしていく。僕はダンスに関することは誰よりも極めたいから「松島はおバカで天然だけど、ダンスだけはめっちゃ詳しいんだぜ」とか、そこに関してはすごく頼りにされる人になる。

で、3択目は……、もう吹っ切る! 結果的に言うと、僕はこの三つのいいとこ取りをしたいかな。みんなが知ってる最低限の常識は勉強しつつ、ダンスに関しては誰よりも極めて、何を言われてもへこまない強い心で自分を認めてあげたい。みんなはどう? いい成長ができるように、お互いがんばろう!(取材・文/大道絵里子)

【今月のセクゾのムチャぶり】

<最愛の人に最高の愛のメッセージを>

セクゾのメンバーが次のメンバーにムチャぶりな質問を投げる「セクゾのムチャぶり」。今回は中島健人くんから松島聡くんに「最愛の人に最高の愛のメッセージを」!

ケンティーからのムチャぶりだと聞いて「え~、絶対大変なやつじゃん」と肩を落とす聡くんでしたが、お題を聞いた途端フフッと笑い、「これケンティーが答えればいいのにね。何がいいかな……」と楽しそうに考えてくれました。「あんまかっこつけたくないから」と言いつつキリッとした表情で、「『けんかしてもいいし、一定の距離感を保ってもいいから、ずっと一緒にいたいっていうのが本音……』ってどう?」と回答。おお~、二十歳を超えて愛の言葉もグッと深くなった!? では次回のムチャぶりを!

「密室空間で1カ月ふたりっきりだとしたら、メンバーの誰と一緒がいい?」

少々猟奇的な質問にざわつくスタッフを尻目に、「僕なら風磨くん。頼りになるから脱出方法を考えてくれそうだし、ダメでも一緒に暮らせるかな」とニッコリ。これぞ天然!

※月刊ジュニアエラ 2018年2月号より

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
矢口真里が“初めての女”断る「私じゃダメだ」
竹内涼真、福士蒼汰、菅田将暉......本名よりもカッコいい!? 実は“芸名”だった若手俳優たち
泰葉が自己破産、実家からは門前払い
青学受験の田村淳、入試結果を発表
ドリカム中村 「ご挨拶」での不満の声受け謝罪「全ては私の至らなさ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加