先発ローテつかみ取る!巨人・今村&中川、期待の23歳左腕コンビが0封競演

先発ローテつかみ取る!巨人・今村&中川、期待の23歳左腕コンビが0封競演

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

巨人は宮崎秋季キャンプ第2クール最終日となった13日、日本ハムと練習試合を行い、3-0で完封勝ちした。先発した今村信貴投手(23)、2番手で登板した2年目の中川皓太投手(23)がともに2回無失点と好投。来季の先発ローテーション入りを期待される両左腕が、チームとして今年最後の実戦で成長を示した。

マウンドで火花を散らした。7投手が日本ハム打線を沈黙させた。投のアピール合戦に火をつけたのは、高卒6年目の今村だ。

「0点に抑えられたのは良かった。少しはアピールできたと思います」

明るい笑顔が代名詞の左腕も、キリッと表情を引き締めた。2四球を与え、二回には前巨人の大累に右翼線二塁打を許したが、直球を低めに集めて無失点。今季は救援で3試合の登板に終わったが、イースタン・リーグでは9勝4敗、勝率・692で最多勝&最高勝率に輝いた。

三回からは今村と同学年で、来季から先発に本格転向する中川が登板。今季最終戦の10月3日のヤクルト戦(神宮)で先発するなど期待の2年目左腕だ。2安打を浴びながらも、三回一死一塁では新球チェンジアップで併殺打に仕留めるなど「ゴロを打たせたいところで打たせることができた」と手応えを得た。

チームでは今季、左投手で先発ローテを守ったのは、2年連続の2桁となる13勝を挙げた田口のみ。内海、吉川光らがいるが、若き先発左腕の台頭が待たれる。斎藤投手コーチは「左は頭数がいないんだから、(今村ら)彼らが出てこないといけない」と期待した。

「先発をやりたい。チャンスはあると思う」と今村。来季への戦いはすでに始まっている。 (谷川直之)

若手左腕の好投に巨人・高橋監督「別に左とは言わずにね。こっちに来ている中から、先発に限らず1軍で投げられるような投手が育ってほしい」

今村 信貴(いまむら・のぶたか)

1994(平成6)年3月15日生まれ、23歳。大阪府出身。太成学院大高から2012年ドラフト2位で巨人入団。同年にイースタン・リーグで無安打無得点試合を達成。今季1軍では3試合に登板し、0勝2敗、防御率5.68の成績も、イースタンでは最多勝、勝率第1位、最多奪三振の3冠。1軍通算成績は35試合に登板、6勝8敗、防御率5.32。1メートル80、84キロ。左投げ左打ち。独身。今季年俸1600万円。背番号45。

中川 皓太(なかがわ・こうた)

1994(平成6)年2月24日生まれ、23歳。大阪府出身。広島・山陽高から東海大に進学。4年秋の首都大学リーグではMVPと2季連続での最優秀投手に輝いた。2016年ドラフト7位で巨人入団。今季成績は18試合に登板、0勝0敗、防御率4・32。通算成績は20試合に登板、0勝0敗、防御率5・00。1メートル83、86キロ。左投げ左打ち。独身。今季年俸840万円。背番号91。

No image

2回無失点と好投した今村。来季の1軍ローテ入りを目指す

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平の次は? メジャースカウトが評価した若き侍戦士7人の名前
沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」
FA大野獲得へ中日・森監督出馬「オレが行ってまとまるのなら」
ソフトB大隣、無期限で待つ トライアウト好投も声掛からず
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加