乾電池型IoT「MaBeee」に新機能-イルミネーションを操作可能に

乾電池型IoT「MaBeee」に新機能-イルミネーションを操作可能に

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

ノバルスは、スマートフォンでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」に、アプリケーションの新機能を追加した。

No image
No image
No image

乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」

乾電池型IoT「MaBeee」は、Bluetoothでスマートフォンと連携し電池の出力を制御できる単三電池型の製品。2016年8月より、4,980円(税別)で販売されている。MaBeeeの中に市販の単四電池を入れて専用のスマートフォンアプリで電池の出力を操作することで、ミニ四駆や電車玩具、LEDライトなど単三電池で駆動する製品に関して、走るスピードやライトの明るさなどをスマートフォンで直感的に操作できるようになる。

今回行われたアプリの機能強化では、主にLEDライトなどの照明製品をコントロールするモードが新たに加わった。これにより、明るさの強弱と点灯のタイミングをアプリで自由に設定することができるようになったということだ。例えば、現在数多く市販されている乾電池式のクリスマスツリーやイルミネーション用のライトにMaBeeeを使用し、フラットモードで点灯するライトの明かりを緩やかにして空間を演出したり、ウエーブモードでライトの点滅を設定しイルミネーションを楽しんだりできる。また、従来の声モードで音楽に合わせてライトの明るさが変わるのを楽しむほか、時計モードでサプライズの演出時にスマートフォンでライトを操作できるという。

また、クリスマスシーズンにあわせ、トイザらス港北ニュータウン店・ツクモデジタル.ライフ館・日本橋三越本店本館7階Hajimarino cafeにおいては体験コーナーが設置されるということだ。なお、販売店舗の詳細は、同製品Webページにて。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AmazonサイバーマンデーセールにAnkerが登場!バッテリーやスピーカー、伝説のポータブル電源まで3日間日替わりでセールを開始!
Amazonで面接を受けるとこんなことが起こる、という体験レポート
ショルダー、トート、リュックで使えるMA-1素材の3WAYビジネストート
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
【使ってみた】ボタンひと押しで注文完了の『Amazon Dash Button』は押しまくると何が起きるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加