ヤンキースのジャッジ、歴代最速で60本塁打に到達

ヤンキースのジャッジ、歴代最速で60本塁打に到達

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

マーリンズ戦で本塁打を放つジャッジ(AP)

<ヤンキース12−1マーリンズ>◇16日(日本時間17日)◇ヤンキースタジアム

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が、通算197試合目で60本塁打に到達。メジャー最速記録を樹立した。

ジャッジは2回に今シーズン4号ホームランを打った。マーク・マグワイア(元アスレチックス)は、かつて202試合で60本塁打を達成。ジャッジはこのたび、この記録を更新した。

ジャッジは2017年9月17日から、レギュラーシーズンのホーム戦では17試合連続安打中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】メッツ25歳右腕が見せた“魔球”が話題に「ぞっとする...」「フェアじゃない」
大谷、次回登板へ“サプライズ投球” 指揮官、マメは「投手にとってミステリー」
【MLB】マ軍復帰のイチローに「終焉の時」指摘する声 地元紙特集「悲しいが時は来た」
110マイル(177km/h)の速球が不可能な理由など野球の魅力「速球」を科学的に検証する
名前が「マサヒロ」なら入場券が倍「悪の帝国」販促
  • このエントリーをはてなブックマークに追加