「オウム」ヤバイ!AmazonAIスピーカー「Alexa」の使い方をマスターする!ってことは...

「オウム」ヤバイ!AmazonAIスピーカー「Alexa」の使い方をマスターする!ってことは...

  • 秒刊SUNDAY
  • 更新日:2018/05/16

時代は進んだもので、家に居ながらAIを使いものを注文するという事ができるようになりました。もちろんそんなもので誤発注デモされたらとんでもないことになるわけですが、少なくともそれを人間が管理しているのであれば安全です。が、しかしこのスピーカーを人間以外のものにのっとられたらどうなってしまうのでしょうか。

ーオウムがAlexaを操る

No image

AmazonのAIスピーカーといえば「Alexa」という人工知能が搭載されており、Alexa!と叫ぶと反応してくれるすぐれものです。ところがこれ、ご主人様の声以外のものも反応してしまうという問題を抱えており、たとえばテレビのCMで「Alexa」と叫ばれてしまうと、それにも反応してしまうというのです。

ということは、第三者であってもこのAlexaを使うことが出来てしまうということになり、最悪とんでもない誤発注を起こすなんてことも危惧されており、実際に起きてます。

ということを踏まえ、こちらはなんとペットのオウムがAlexaを操作しているというのです。実際に部屋の照明を制御するという新技を披露。そうですこのオウム、Alexaの使い方をマスターして遊んでいるのです。

しかし怖いのがこの後、このオウムがイタズラで大量発注などしたら・・・さらにとんでもない価格の商品をAlexaに頼んでしまったら・・・

想像しただけでゾッとします。

以前GLAYのTERUさんのAlexaもテレビの音声に反応して困っていたようですが

考えようによってはいくらでもイタズラができてしまいそうです。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5729837/Polly-want-lexa-Clever-parrot-talks-virtual-assistant-orders-turn-lights.html

画像掲載元:YouTube

(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が表示されない場合はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
逆さまで岩間にスッポリ。とんでもない体勢で詰んだ馬が発見、救助される
貴族のような美しさ「イラン」の女の子が海外掲示板で話題に!
写真と全然違うじゃん!訪れたホテルで目にした実際のプールに失笑
「父親が新しいトイレを設置した、数分目を離して戻ってきたら...猫ってやつは!」
なんじゃこりゃあ!大きな松ぼっくりがぎっしり。自動車のエンジンルームがリスの貯蔵庫になっていた件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加